私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド・感想

花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド
(2013/03/07)
永野 護

商品詳細を見る


ネタばれ↓
私はこのワールドガイドをちょっと恐れておりまして。。。

ものっすごく読みたかったのですが、
またカーマインから戻って来れなくなっちゃうと困るなぁ・・・などと思っており(;´Д`A ```

なので、1週間読めないことも耐えられた訳なのですが・・・。

事前情報にて、一番期待していたサイレン・ザ・グレート フィルモア1がいらっしゃる!:(;゙゚'ω゚'): と聞いていたので、

読んだらば、
 キャー!o(≧∀≦o)(o≧∀≦)oキャー!ゴロンゴロン!!
ギャーーーー!!(p≧∀≦q)〃ゴロゴロゴロ!!
 
とか、なりそうだなぁ・・・と思っていたのですけども、

もう!

もうね、もうね、

フルフルフル:(;゙゚'ω゚'): とうち震えて悶えております。。。

本当にこれ、すごい映画ガイドです!!!!

ストーリーガイドがね、
サントラのタイトルと対応しているのに感動!(*´;ェ;`*)


本となって足りないのは動きと音な訳ですが、
動きと音は脳内再生されますので、無問題!
12回観に行って、脳に刻みこんでおいて良かった・・・!

映画が文字通り追体験できます!

場面ごとに永野先生の解説まで読めちゃって、
私は紙媒体のものが娯楽として一番好きなので、ちょっぴり映画自体よりも満足度高いかも・・・。
映画あってのガイドな訳ですが。なので、やっぱり映像ありきですけど。

解説の中で一番萌えたのは、戦闘シーンのところです'゚*::〔萌え~〕ョ´∀,`●)::*'゜
カイゼリンのあのあっけない戦闘シーンは、
実は軍の指揮官であるトリハロン殿下が決してとってはいけない戦法だったとのこと。
捨て身の戦法で、本来であればもう1体のGTMの援軍を待つ場面だったそうです。
が、殿下は本能的に
ベリンを一秒でも早く危機から解放するために、一秒でも早く敵を殲滅した・・・と(*´艸`)゚+

なんだ、この萌え設定は・・・!

私は戦術など全くわからないので、
バリア問題とか格納庫問題などはユリイカのイベントで初めて気付いたぐらいでしてA´ε`;)゚・゚
こんなところにもそんな細かい演出があったのですね!

メロウラとシャンディ姫の戦いも見てみたかったような気もしますが、
そんなことになったら10分ぐらい尺が伸びて公開が1年延びたかもしれませんもんね・・・。

シワルベ内のシャンディ姫やルドルフさんは、
カイゼリンがボルドックスにガーンといった時にはさぞかしびっくりしたことでしょうねぇ。
とか、色々考えると面白いw

あと、ストーリーガイドでは出現した過去の詩女の名前を全員教えてくれてます。
この名前だけで、ものすごくテンション上がります+.(≧∀≦)゚+.゚

黒い詩女はてっきりヤーン・バッシュ王女かと思いきや「黒の聖女ダッカス」になっておりますね。
でも、そうなのかな・・・。

別名は・・・みたいな。

詩女たちはどの人も美しい!+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+

From 永野護 からはキャラクターや世界観、デザインを・・・!
永野監督の解説大好き~!

詩女って、映画を観ただけの印象だと地方部族の巫女、みたいな印象だったのですが、
やっぱりカーマインの精神的支柱なのね。
そんでもって、不思議な存在というのがなんとなく理解できたかも。

歴史を自分の経験として記憶する存在なのに、ただただ見守る存在。

それってのは、どういう意味があるのかこれからFSS連載再開でわかるのかな?

あと、ベリンに関してすごく良い!と思ったのは、
他の詩女が「預言」をするのに対してベリンだけは「予言」だというのが!
預言者ではなく予言者であるベリンは未来の予知をしているのね・・・!

ベリンも詩女に選ばれちゃった普通の女の子なのかと思っていたけれど、
ベリンこそは詩女の中でも稀有な能力の持ち主なのね(p≧∀≦q)〃

ベリンが種を渡したのはトリハロン殿下だけではない、というのはいいようなよくないような・・・。
別に殿下だけが特別じゃなかった訳ですか(´-ω-`;)

詩女って、こういうところが怖いのかしら。
何も知らないような顔して何でも知ってて、
何もやらないくせに何かをしている・・・。

ベリンと一緒にラブも載っていますが、
ラブはやっぱり何度か死んでいるのね(゚ω゚;A)

ロバみたいな恐竜に噛まれていると思ったら頭蓋骨砕かれてるし、
殿下には時速200kmで投げられていたのか・・・(´Д`;A)

殿下は、敵を殲滅したことよりもラブを殺したことでベリンに恨まれる可能性もあったと・・・。
ラブが不死身で良かったよ。
そんな目にあっても殿下を元気づけるラブ、超良い子!

手塚アニメの動物みたいであんまり好きくなかったけど、
回を重ねるごとにラブは可愛くなってきたよ!

アデムは20歳ぐらいなのですね。
ボットバルトに恋心を抱くには若過ぎるw
アデムさんはとっても美人!

神官姿も良いけど、ベリンと洗濯物を取りこんでいるアデムさんが好き!

ボルテッツの2人はとっても能力高いのですね。
殿下たちと対等に戦えるみたい。
冒頭で殿下と軽く戦っちゃうところとか、ちょっと見てみたかったかも。
あ、いやいや10分延びたら1年・・・(;´-`)

そしてそして、

トリハロン殿下のキャラ紹介もー!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

殿下はドナウ帝国でただ一人「皇子」と呼ばれる王族なのだそうです!
ドナウ帝国の真なる1位継承者が「皇子」「皇女」と呼ばれるそう☆:*・゚

殿下は今回「皇帝騎カイゼリン」だけでなく、
皇帝旗艦シワルベ、帝国最強の騎士ハイランダー2人を従えていたのね!

殿下はお兄ちゃん2人とお姉ちゃんもいるようで、末っ子 です。
あれは末っ子気質だと思っていたよ☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚

その末っ子殿下の素養を見抜いて副官と称しつつ可愛がっているであろうボットバルトも、
彼の人望も相当なもののようです。
バルバロッサ王家は今後のFSSでも何やら重要ポジション担いそうですもんね(´・ω・`;)
今のところ、トリハロン様そっくりのダイ・グ坊っちゃんが苦しむ元凶という印象だわ。

殿下の従えるハイランダーの2人の名前もばっちり載っていました!

シャンディ姫は殿下の教師なんですって!∑(゚д゚*)
殿下の師匠が女性ってすごく良いな♪
シャンディ姫もものすごく末っ子殿下を可愛がっているに違いない・・・!

もう一人のハイランダーのルドルフさんてば、
その名も「ルドルフ・サヤステ・シュバール・クバルカン太閤」とな(((((゚ω゚;)

どこかで見たような単語の羅列。。。

ルドルフさんも当然重要人物なのですね・・・。
この人が戦闘指導者らしいです。

ブラウニー・ライド博士も載っていましたが、
ガイドの方が少しお若いような印象です。

GTMガーランドは、非常に特殊な才能を持っていないとなれないようです。
ファティママイトと何か関係があるのでしょうか?

このお三方には喋って欲しかった・・・(´_`。)グスン
一言だけでもいいから・・・っ!

このお三方が喋ってくれるなら1~2年待ってもいいよ。(←おい)

そんでもって、ドナウ帝国の親衛騎士さんたちも載ってました~!
少年兵やら騎士見習いやら軍人さんたちはおいといて・・・。

親衛騎士さんたちカッコいいですよね~!ヾ(*´Q`*)ノ
金髪碧眼できっと、見た目審査もあるにちがいない!

親衛騎士さんは映画冒頭の殿下登場シーンで、
惑星連合の決議書を殿下に手渡した後、軍人然とした動きで後ろに下がる動きが好き+.(≧∀≦)゚+.゚

雨のシーンでも、アデムさんはボットバルトしか見えていませんでしたが、
後ろで親衛騎士さんたちも雨に濡れているんですよ~。

親衛騎士の式典制服、カッコいいです・*:。゜萌。*(*´∀`*).*ぇ゚*・。・

謎の女や謎の男、シオの門番たちも載っておりますね。そりゃ載ってますね。
ツバンツヒやマウザー教授の髪型すごいなぁ・・・。

驚いたのはこの次のページ!

不思議な少女Aと不思議な少女Bが・・・!!∑(*゚ェ゚*)

町とエストにしか思えない2人の少女。
ユリイカのイベントで、台本に「不思議な少女」と書かれていると言われていましたが、
ガイドでもそれは踏襲されているようです。

今までのファティマにはなかったアシリアセパレートは、
カイゼリンに使われているツイン・スイング間接の特殊な部分・・・?
ここにもう、「アラビク・プレタポルテ」の記載があるwwww

「アラビク・ブレタポルテ」は軽装の戦闘服とな。
トレーサーex.2で、デカタンスタイルがこの名前に変わったとちょっと騒ぎにwwww

いいじゃないか。通称とか正式名称とか。
「アラビク・プレタポルテ」ってなんとなく口に出したい単語よね( ´艸`)

この不思議な少女たちは「オートマチック・フラワーズ」と呼ばれているようで、
GTMはこの少女たちのような姿にかわってしまったのか別のものなのか?と書かれています。

GTMがオートマチック・フラワーズ=ファティマ(?)に変ったというのはいいな。

ここまでカイゼリンやGTMについての記載もたくさんあるのですが、
例によって私は機械関係はあまり理解ができなくてですね・・・(;´Д`A ```

その中でシンファイアは好きだな~と思ったりします。
ガス状の物体だけど時々言葉を発したり人型に見えたりするのは好きだ。

でも、なんでだかMHを制御するためのファティマというのはあんまり・・・。
純粋に戦闘だけなら意思疎通なんか必要のないシステムの方がよくないかしらん、と。

ファティマは人間とは思えないプロポーションですから、私の中では異星人に近く・・・。
性の対象になるというのもちょっと理解しがたく・・・。
あんなガリガリのハト胸体系が万人に受けるとは思えない。
逆に異様な雰囲気で生理的嫌悪を抱かせるような気すらしてしまい・・・。
MHの制御だけが目的であれば少女の姿をしていなくてもいいじゃないか、とか思っちゃうので。

なので、GTMがそのうちファティマにつながるっていうのは良いなぁと。
GTMとシンファイアが合体しちゃったのかしら?というイメージで。
ガーランドとマイトって似てるし。

なんだかFSSの魅力を根底から疑うような発言しましたが、でも好きです。

そんでもって、次のページにも・・・!

「ベリンと同じ花の種の籠を持つ女性」と「ボロボロのガウンを着た黒髪の男」が!+:。(〃ω〃)゚.+

どう見てもクリスティンな金髪女性は、殿下が皇帝になった時につけていた十字の銀の耳飾りと、
皇帝のゴルゲット、ガット・ブロウを持っています。
十字の銀の耳飾りはともかく、ゴルゲットとガット・ブロウですよ!

これ、トレーサーex.2ではフィルモア帝国のサクリファイスという立場の人物が持っているんじゃ・・・。
ちょ、ちょっともう、色んなヒントが散りばめられててもう・・・。

隣の黒髪の男ったら、ますます殿下に似てらしてですね、
以前よりも髪の質感が殿下に似ているんです!

ボロボロの茜の衣をまとっていますので、トリハロンの後継者に間違いなし!との記述(゚д゚*)

ノルガン・ジークボゥにしか見えない・・・。

彼は茜の衣以外にもドナウ帝国の紋章入りの指輪も持ってますよね。
ですが、殿下は血縁や血統で帝国が治め続けることを禁じて子孫を残さなかったと・・・Σ(´・Д・`●)

いや、子孫を残さなかったと「される」となっているので、
たぶん子供いそうな気がする。
殿下の性格からしても、たぶん子孫残してそうな気がする。。。

・・・。

うぅ、つらい・・・。

謎だらけでつらい・・・。
連載再開すればちゃんとわかるんですよね!?

キャラクタ―の対比もあって、みんな巨人族ですw
殿下でさえ背が低い。
騎士&ウォーキャスターは2mが平均身長ですか。

永野神の解説の後はインタビューへと突入です。
声優陣もですが、制作スタッフのインタビューにもページ数が割かれています。

その中でも、やっぱり川村万梨阿さんのインタビューが面白かったですw
カーテンコールをダビングの時に知った時の感想。
「この人は身内まで欺くのか」wwwww

主題歌『空の皇子花の詩女』の詞には川村万梨阿さんの全てがこめた!との自負も嬉しく(o^-^o)
この歌は、本当に名曲ですもんね!!!!

佐々木望さんも、トリハロン皇子役に抜擢されたのを知ったのは、
2011年夏のイベントでのキャスト発表をwebニュースで見た友人からwww

でも、トリハロンは佐々木さんのために作られたキャラクターなのだとか。
たしかに、声がすごくはまっているんだよな~。
ベリンもだけど、どの人の声も一切違和感ないです。

ベリンに関しては川村さん自身どこからどこまでが演技だったのかわからないと書いていますが、
本当に自然で、あの澄んだ声はすごい(人´ω`*).☆.。.:*・゜

ボットバルトの大塚明夫さんのインタビューがないのはちょっと残念・・・。

インタビュー後は、もう文字ではなく、絵です!

オープニングクレジットではカレンのアップ*.+゚ワァォ(*・ω・,,人)゚+.*

続くのは待ち望んだカーテンコール!!!!

一瞬しか見れなかったその後の彼らを、穴があくほど見つめることができます・・・!゚+.(*ノェノ)゚+

ドナウ・ガア・トリハロン
“サイレン・ザ・グレート”フィルモア1は、
見開き!!!!!!


あぁ、陛下素敵だよ~。
ものっすごく華やかで美しいよ~。

陛下の十字の銀のイヤリングとゴブレット!茜の衣!

でも陛下ってドナウ皇帝紋を付けてないかも。
黒髪の皇帝の帽子も四方鏃だけど、そういうものなのかしら。

フィルモア1素敵過ぎてつらい・・・。

この見開きのイラストのためだけにこの本を購入したと言っても過言ではない!
買って良かった(´;ω;`)

と、思っていたのですけども。

次のページの、やっぱり見開きのユニオVにドキっとしてしまいました。
(*´∀`)*゚д゚)*´д`)*゚ω゚)萌ぇ~

今までフィルモア1の華やかさばかりに目が奪われていたけど、
ユニオV、超美人!!!!

ベリンも美少女なんだけろうけど、
トリハロン殿下の派手な容姿に対して地味な印象を持っていたけども、
ベリン超美しいじゃないか・・・!

そして、じっくり見るとカイゼリンと同じようなイヤリング付けているのね。
イヤリングはラブアイテムですので、何かあるのかしら・・・。

ここまででも十分鳥肌立つガイドですが、
ここからの構成に、泣きました。

スタッフリストの後、

もう1つのカーテンコールが。

空に浮かぶシワルベと無数の宇宙船。
それってのは、移民船団だと思われる光景であり・・・。

花の咲く草原に不思議な少女AとB、花籠を持つ女性、黒髪の皇帝の姿。

あえて名前を出してどんどんページを繰りますと、
クリスのアップ、エストのアップ、町のアップ、黒髪の皇帝のアップ、

最後は鈴の音のような澄んだ音を響かせる町が・・・(゚ーÅ) ホロリ


す、すごい!!

総毛だった・・・。

画集のようなガイドとの触れ込みは嘘ではなく・・・!

映画よりも『ゴティックメード』でした。
え?何言っているかわからない?

読めばわかります!

個人的にBD見るよりこちらの方が満足度高いかもしれません・・・。
私、紙媒体好きだ・・・。

これで2,310円は安い!!!!

花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド

新品価格
¥2,310から
(2013/3/27 21:46時点)



ユリイカ2012年12月臨時増刊号 総特集=永野護 『ファイブスター物語』の普遍、『花の詩女 ゴティックメード』の衝撃

新品価格
¥1,300から
(2013/3/27 21:47時点)



ファイブスター物語 トレーサー Ex.2 (ニュータイプ100%コミックス)

新品価格
¥1,260から
(2013/3/27 21:46時点)


[ 2013/03/27 21:47 ] ゴティックメード | TB(0) | CM(2)
一日も待てなかった!
お仕事やイベントなど、本当にお疲れ様ですヽ(´o`;春は気温の差が激しいですから体調にはくれぐれも気をつけてくださいね!

ワールドガイドの感想、楽しく読ませていただきました\(^o^)/ サントラと連動させるなんて、憎いことしてくれますよね^^; いやぁ、参りました!本当に体で感じた音が蘇ってきますよね〜ヽ(´o`;たまらん!!


ユリイカのイベントで矢野さんもおっしゃっていたように、永野護という人は 待った分以上のものを用意してくれますよね!だからみんな6年も待っていられるんです!(>人<;)


ワールドガイドでわたしが特に好きなページは…

真っ白に染まったカイゼリンの見開き!

もうロボットというよりは、まさに氷の女王ですよね ベリンのじゃないですが、見惚れてしまいます!(>人<;)

カーテンコールですが、マウザー教授の胸にファイブスター物語に出てくるある国のマークがあるのに気づかれているでしょうか? わたしは、タマモさんに教えてもらってやっと気づきました。その時すでに30回以上も鑑賞していたのに^^;

ツバンツヒのミラージュスーツもカッコイイ!!ツバンツヒは大好きなキャラです。ペパーミントグリーンの髪の毛とピンクの花飾り、クールな表情の組み合わせがたまらないです(>人<;) 永野先生は配色の天才ですよね!

サイレンザグレートもカッコイイ!!あそこで花がブワァーと舞うところなんて、もう、感動ですヽ(´o`;


ユニオV美人ですよねorz トレーサー2のフンフトとは真逆の衣装(^^;;


ファティマがオートマチック フラワーズと呼ばれたり、ファティマスーツの呼び名が増えたり(俗称)一部騒然となってますが、私はそういうの大好きです! プレタポルテ=高級な既製服 の意味 とかダッシュで調べたりするくらい好きです!


連載再開後はファンが離れるかもしれない、でも凄いことをするそうです。凄いことなら全然オッケーなんです(^^;; お前は何でもオッケーか!と怒られそうですが、凄いことなら全然オッケーなんです(^^;;


ワールドガイド、私は関東の早売り組みから1日遅れで手にいれましたが、その1日すら地獄にいるような気持ちでしたorz うわちゃんさん、1週間も待ったあなたは凄いよ!尊敬します!


デザインズ4はどうやら夏頃のようです。私は実物を見れてないのですが、一部書店さんでカレン&ラキシス のやりとりという形の告知として、書き下ろしの色紙?が張り出されているそうです。 みたい!書店探索の毎日ですorz
[ 2013/03/27 23:11 ] [ 編集 ]
Re: タクト様
復活上映会の詳細出ましたね!
4月10日はFSSを読み込んで夜はGTMの永野祭りですね・・・!
京都遠征されるんですよね。。。
私事ですが、少し前にマクロスで京都に行こうかどうしようかかなり迷っておりまして、
やっぱり遠いと実感した次第です(;´Д`A ```
大変だと思いますが、くれぐれもお気をつけて・・・。

ワールドガイド、もう感涙ものですね・・・っ!+.(≧∀≦)゚+.゚

映画そのまま収録されていて、永野先生の解説が見れるなんて映画以上の満足感です!!

たしかに、永野先生は予想以上のものを届けてくれますね!
ゴティックメードを観た永野ファンの方々の「永野先生に土下座」が今でも可笑しいですw
FSSでも、永野先生はファンが離れるだろうとナイーブな発言されていますが、
そんな大変な事態が起こるということですよね!?
怖いですが、やっぱり楽しみです(*´∀`*)。+゜*。
凄いことならOKですよね!w

私は、はまってしまうとその世界から出れなくなるので、
またカーマインから戻れなくなるのを恐れて1週間耐えてしまいました。
他の方の感想を読んでショックを弱らげてから購入しましたので、
じっくり読むことができて良かったです(´∀`;A

ワールドガイドは、本の構成自体に感動しました。
サントラのタイトルごとにならんだストーリーガイド、解説、インタビュー、
そしてオープニングクレジットからカーテンコール、カーテンコール・・・。
特にオープニングクレジットからのカーテンコールは鳥肌が立ちました。

白いカイゼリン美しいですよね+.゚(*´∀`)゚+.゚
氷の女王ですもんね!

マウザー教授というか、私、実は紋章もよくわからなくて・・・。
みなさんがおっしゃっているので気付きました。
隠れツバンツヒもたまもさんのツイートで知りましたw

ツバンツヒ、デザイン秀逸ですよね・・・・!
あんなの思いつかない!

あと、そうなんです!
サイレンザグレート登場で花びら散るところが・・・っ!(>_<)
ちゃんと収録されてる~!。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

ユニオVは絵でちゃんと見て、超美人だと驚きました!

オートマチックフラワーズだとかアラビク・プレタポルテ、素敵な単語ですよね~!
矢野さんもおっしゃっていましたが、永野先生のネーミングセンス天才!
色々変わるところも楽しいです♪
そこをつっこむファンの反応自体も楽しいw

あと、デザインズの情報ありがとうございますー!
夏!!!!(人´ω`*).☆.。.:*・゜
私も本屋さん巡りをしてラキとカレンを探したいと思います!!
[ 2013/03/28 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。