FC2ブログ

私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

flowers 2013年 07月号 『町でうわさの天狗の子』

月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 07月号 [雑誌]月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/05/28)
不明

商品詳細を見る

まず、ニュースです!
最新コミックス11巻が 7月10日(水)ごろ 発売です\(^o^)/

そして、

11巻発売を記念して、来月号は表紙&巻頭カラーでございます!ヽ(〃v〃)ノ ワ~イ

来月、何かプレゼント企画とかしてくれませんかね!p(*゚v゚`*)q

しつこいようですけども、
全サで複製原画をばぜひ・・・っ!!!!

さてさて、今回。

衝撃の事実が明かされます。
1巻から読んでいる人はflowers買った方がいい!
直接、この衝撃を味わった方がいいと思います!

ネタばれ感想↓ (※5/31更新)


「第62回 夜道を走る」の表紙は、
夜、どこまでも続く道の手前、ミドリちゃんが振り返っています。

「重たくも軽くもない 誰にも言えなかった あたしの話――― 」

今回、↑この言葉が大変な衝撃をもたらします。


冒頭、ミドリちゃんの回想シーンから始まります。

そこはミドリちゃんの家の広い庭のようで、
ボールを探しに来たミドリちゃんが縁側に座るおじいちゃんと、

そのひざに座ってアイスを食べる男の子を見ています。

その頃のことを思い返しているミドリちゃんは、
おそらくユカリ君のこぐ自転車の後ろで押し黙ってしまったようで、
「言いにくい話しなら ゆっくりでいいよ」
ユカリ君がとても優しい顔で言います。

静かな夜の道を、2人乗りの自転車がぼんやり光っているようにも見えます。

場面が変わりまして・・・。

夜だというのにカラスが空を無数に舞っています。

「この辺りには兜の付喪神は見当たらないそうです。」
チビ妖怪と、カラスを右肩にのせたモミジちゃん。
「ほかに心当たりはありませんか」

聞かれ、チビ妖怪たちは、
「そうは言うても・・・」
「あやつにぎやかな所が 好きじゃったよな」


「この辺りで・・・ にぎやかなところ・・・
まさか・・・」


そこへ、こんどは無数の梟が飛来します。

「モミジ殿」現われたのはもちろん、福山様を肩に乗せた栄介君です!

「ここに頼れる男がいることを忘れておるぞ」
栄介君が出てくると、なんかほっとする(´▽`)

モミジちゃんが驚いた顔をして栄介君を見ます。
「何やら騒がしくしておるが そろそろ烏や鷹は夜目が利かなくなってきたであろう」
あ、飛んでたの鷹だったのか・・・っ!
天狗はみんな鳥をお使いにできるのでしょうかね。

次のページで、モミジちゃんと栄介君が見開きの半ページで対面しています。
「ずっと 瞬様が探していた天狗道を知る者がわかったんです。
一緒に探してください」


このシーン、ちょっとびっくりしました。
いつものモミジちゃんだったら無視していたかもしれない栄介君に、
モミジちゃんが「一緒に探して下さい」と支援を頼みました・・・!Σ(´・Д・`●)

次のコマのモミジちゃんの顔が泣きそうです。
「姫ちゃんは先日のことでもうかなり獣に近付いていると聞きました。
今日のこのおかしいぐらい明るい満月が無関係に思えないんですっ」

モミジちゃんはいつもニコニコしていて、何事も動じない感じでしたが、
奈良から相当弱っているのかもしれません。

それにしても、この満月の大きさってただの雰囲気じゃなくて、
本当におかしいぐらいに明るかったんだ・・・。

「モミジ殿 その者は今どこにっ」
「たぶん・・・」

モミジちゃんが言いかけた瞬間、
「おーいっ 栄介ーっ モミジ――っ」
金ちゃんたちが自転車で通りかかります。

金ちゃん、武蔵、白戸さん、まっつん、あと一人名前出てこない・・・
「鳥集めて何してんの?」
「なんかあったのかよ」

この子ら、天狗いるの本当に日常なんだな~(;´Д`A ```

「赤飯町軍団 お前らみんなでお好み焼きでも食ってたのか」
赤飯町軍団w

「金ちゃんっ みんなっ」
モミジちゃんが金ちゃんに駆け寄ります!
「ここからだと自転車と電車 どっちが早くドピンク横町まで着きますか」
ドピンク横町・・・。


ここから、赤飯町軍団がものすごくカッコいいです・・・っ!

「モミジ」と武蔵。
「お前急いでんだな」と金ちゃん。

「あたいらが電車より5分は早く送ってやるよ」
金ちゃん・・・っ゚+.(*ノェノ)゚+
いつもながら、なんて男前なの・・・っ!!

「栄介も後ろ乗りな」
これ、女子が男子に言う言葉!?
武蔵もカッコイイ!(つ∀<●)゚+.キャァ♪

後ろでハンドルに持たれる白戸さんも、
「だてにうちら1年半 遅刻と戦ってないからね」

赤飯町軍団カッコいい・・・っ゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。

「ホホ それでは若様 現地で」
栄介君の方から福山様が飛び立ちます。
「ああ 先に見つけたら連絡をな」

そんな中、モミジちゃんが泣きそうです。
全く元気がありません。

そのモミジちゃんの背中に栄介君が手をやって!
「案ずるな モミジ殿。
解決の糸口が見つかったと思え」

え、栄介君が!カッコいいーーー!!!!。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

さすが、頼れる男!
小さなモミジちゃんの隣、ルックスの良い栄介君は頭3つぐらい背が高いです(´ー`*)
モミジちゃんの背中に手をやる栄介君は、
持ち前のポジティブさでモミジちゃんを後押しします!

「まぁ俺にとっても太郎坊は初めてできた同年代の仲間だからな。
いなくなることなど考えられん」


その言葉に、モミジちゃんは自分の手を引いてくれた秋姫の後ろ姿を思い出すのです。
強く、何かを決意したように結ばれる、モミジちゃんの唇。

モミジちゃんは秋姫が本当に大好きなのね・・・。
それってのは、天狗と人間のハーフであることがかなり大きなことで、
何も考えていなさそうな栄介君にとっても、きっと特別なことなのでしょうね(´;ω;`)

「行きましょう 栄介さん
姫ちゃんを天狗道に堕とすわけにはいきません」


モミジちゃんが復活!
ていうか、栄介君とモミジちゃんがこんなにまともに話しているのは初めてだ!

そして、赤飯軍団は自転車を飛ばします。

もう一方の夜道で2人乗りをするミドリちゃんとユカリくんは・・・。

ミドリちゃんの回想の中、
縁側に座るおじいちゃんの手から紙飛行機を受け取って飛ばす男の子。
紙飛行機は上空を旋回してミドリちゃんの足元に落ちます。
おじいちゃんのひざから飛び降りた男の子がミドリちゃんの方へ近づいて来ます。

「あんまりいい話じゃないんだけど・・・ うちのお父さんろくでなしでさ」
「一緒に旅行行かないって言ってたね」
「うん アジアで密猟してくるし、
いい年して暇さえあれば改造車で市内のバイパス200キロで走ってるし」

噂の町長のバカ息子なのね・・・。
バクを密猟して改造車で200キロ走行・・・(((((゚ω゚;)

「お母さんと結婚する前からずっとつきあっている人がいて」

ミドリちゃんの回想の中、紙飛行機を拾いに来た男の子は・・・

「その人との間にあたしと同い年の子供がいるの」

Σ(Д゚;/)/…エエ!?

アイスを持つその男の子は・・・、瞬ちゃん!?ヽ(゚Д゚;)ノ!!

え、えええええええええ~!!!!!ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

ちょちょちょっ!ちょっと!
ええええ~!?ちょっと待って! ミドリちゃんー!

瞬ちゃんとミドリちゃんが兄妹(姉弟)!!!!!?

えええええええ~!!!!??∑((((((゚д゚;ノ)ノ

ミドリちゃん!重くも軽くもないって!決して軽くないよ!!
って、ええ!? 予想だにしてないよ!びっくりだよ!
うおい!なんだ!この唐突の暴露は!(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

衝撃の展開に心の整理がつかないままですが、
直接このミドリちゃんの告白を聞いたユカリ君も、当然動揺しています。
「ミドリちゃん・・・ 俺は今かける言葉が・・・」
ユカリ君にはミドリちゃんの回想は見えないので、誰が兄弟かはわかっていません。

「いいのよ その人早くに亡くなっちゃったからおじいちゃんが知り合いに預けちゃってて。
今はその子とそれなりに仲良くやってるから。」

動揺するユカリ君と読者を置き去りに、淡々とミドリちゃんが答えます。

「でも あたしとその子は性格も結構似てるし、本の趣味も同じで、
なんだか自分を見てるような気がして」

ミドリちゃんが思い浮かべるのは・・・。
まだタケル君と付き合っている頃の秋姫が、デートで行った赤飯ビーチ。

砂浜でお城を作っている2人を遠くから見つめる瞬ちゃんの後ろ姿。

その後ろ姿にいら立って、強くにぎりしめるミドリちゃんの手。

「たまにイライラして、嫌なことを言っちゃったりしてて・・・」

本の趣味・・・っ∑(゚д゚*)
本屋さんで同じ本に手を伸ばしてたよね・・・。
海でも、ミドリちゃんが意味ありげだと思ってたんだよ・・・。
動物園での2人の会話とか、駅でのミドリちゃんの問いに答える瞬ちゃんとか・・・。
え?え? すごく納得できるところがたくさんある・・・!:(;゙゚'ω゚'):

ミドリちゃんの瞬ちゃんに対する辛辣さって、幼馴染ゆえの親近感だと思っていたけど、
だからこその空気だったんだ・・・っ!(゚ω゚;)

うわ~!うわ~!

そして、ミドリちゃんが次に思い浮かべたのは秋姫の言葉。
「どうしよ。 あたし瞬ちゃんのことすっごいすっごい好きみたい」
あの日、保健室で瞬ちゃんに傷の手当てをしてもらった後、
いてもたってもいられなくなってミドリちゃんと金ちゃんに告白した秋姫。

次のページ。

「も~~~~~~~っ
やっと瞬君のこと好きになったくせに急に消えたりしないでよっ」

見開きになって、ミドリちゃんが急に大声で泣き出します。

ユカリ君の後ろ、片手で目をおおって泣き叫ぶミドリちゃん。
大粒の涙が頬にこぼれます。

「姫ちゃんのバカ――――――――――――――っ!!!!」
「ここでまさかの姫ちゃん登場!??」
ユカリくんツッコミwww

「困ったときだけじゃなくてっ
嬉しいときも楽しいときも美味しい物食べてるときも」
「瞬君と一緒にいてあげてよっ」


それを聞いて、たぶん全てを察したユカリ君。
ユカリ君、今回、とっても男前に描かれております!
「ミドリちゃん 姫ちゃん帰ってきたら直接それ言ってあげな」

夜の道を、2人乗りの自転車はゆっくり進んでいきます。

ここから場面展開します。

が、その前に。。。

((*゚д゚*))

ちょっとおおお!ヽ(゚Д゚;)ノ!! 衝撃的な血縁関係もだけど、
ミドリちゃんが秋姫のこと「やっと瞬君のこと好きになったくせに」って言ってる・・・!

これって、瞬ちゃんがずっと秋姫を好きだったってことですよね!??∑(*゚ェ゚*)

そんでもって、ミドリちゃんはそのことをずっと知ってて、
秋姫を応援するというよりは、瞬ちゃんのことを応援していたのだという・・・っ!
そういうことですよね!?

だから、姫ちゃんが困っている時だけじゃなくて一緒にいればいいのにって言ってたのか!
秋姫が自分は瞬ちゃんにとって「妹としか思われてないし」と言った時にも、
ミドリちゃんは否定するような素振りをみせてたよね!?
コミュ力不足でちゃんと否定できてなかったけど!

そんでもってそんでもって、

あの秋姫の告白は、
ミドリちゃんにとってすごく嬉しい出来事だったと・・・!?


いやあああああ゚+.(*ノェノ)゚+ なにこれ!?なにこれ!?

1巻から読み返すと、本屋さんも海も駅も、何気ない2人の会話の印象が全く違う・・・っ!!

岩本先生、神!!!!!!!!!!(p≧∀≦q)〃

さてさて、興奮冷めやらず・・・ではございますが、
場面はドピンク横町(相変わらずすごい名前だな(´∀`;A)に変わります。

モミジちゃんと栄介君を乗せて疾走する金ちゃんと武蔵!
「モミジっ もうすぐ着くぜっ」
「金ちゃんすごい汗です。 すいません・・・」


「おおっ なんという商業施設だ あれは」
「栄介 おめぇ金あるからって今から通うんじゃねーぞ」

武蔵www
赤飯町軍団大好き!

その時栄介君の携帯が鳴ります。
「ちゃーららーららーららー」
↑これ、ちゃんと曲になってます♪

「ムッ 暴れん坊将軍のテーマ じいからだなっ」
暴れん坊将軍のテーマ曲でしたあwww
福山様なので、「桜坂」とかじゃないのですねwww

そして、電話をする福山様人型バージョン!!!!キャー♪ヾ(o≧∀≦o)ノ゙

「若様 モミジ殿 兜の付喪神発見しました」

福山様のスーツ姿素敵過ぎる!!゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。

「迎えをやっております。そいつに誘導させてください」
電話の向こうの福山様が言うとおり、栄介君の頭上に一匹の梟が飛来します。
「おう わかった すぐ向かう」

「すまんっ 俺の嫁たち
あと一仕事頼む。 先導するフクロウについて行ってくれ」

「よめじゃねーし」と武蔵wwwww
もう、栄介君大好きだ(つ∀<●)゚+.

「任せとけよ この辺は庭みてーなもんだ」
金ちゃんたちはドピンク横町の煌びやかなゲートに突入します!
「人に当たらねー程度にすっ飛ばすぞっ」
金ちゃん男前過ぎる゚+.゚+.゚(*´I`)゚+.゚+.゚

疾走する自転車の横、
「きゃっ」「高校生!?」とびっくりするドピンク横町の住人たち。
バニーちゃんの耳に、上半身裸網タイツのおねえとレオタードのおねえとかwww
なんてレベルが高い風俗街なのwww
その異様な出で立ちのおねえたちに栄介君がめちゃくちゃびっくりした顔してるwwwww

ドピンク横町の路地裏では野良犬や野良猫がえさを食べていたりします(^_^)
派手な看板が立ち並ぶ、1本の路地裏に先導のフクロウは降りようとしています。

「ここっ ここみたいですっ」
自転車から降りるモミジちゃんと栄介君。
めいっぱい自転車をこいできた金ちゃんと武蔵はハンドルにつっぷします。
「ありがとうっ 金ちゃんっ」
金ちゃんは顔を上げることもできず、「ハア・・・オエ・・・」

栄介君は武蔵の背中に手をやって、「すまん 助かった」
栄介君はスキンシップ多そうですよね(´∀`;A
「いいてってよ」武蔵には通じませんけど。

「電車よりは早かったと思うぜ」
つっぷしたままの金ちゃんに、今度こそモミジちゃんが泣きそうになってます。
「金ちゃん・・・」
「さっさと行けよ」

モミジちゃんの言葉をさえぎるようにして、金ちゃんが言います。
「刑部のこと頼んだぜ」

それを聞いた栄介君とモミジちゃんの表情が変わります。

「任せとけっ 月曜日には群青高校欠席ゼロだ!」
「今 万里小路さんが企画中のスケート 今年もみんなで行きましょう!」


鞍馬と石鎚山の天狗の子コンビは最強のはず!

「ハア・・・ハア・・・ モミジ・・・栄介・・・
また月曜日な」


疲労困憊の武蔵と金ちゃんと白戸さん。
まっつんたちは付いてこれなかったということなのかな?

でも、秋姫は愛されてます。・゚・(*ノД`*)・゚・。
みんなが秋姫を心配して、秋姫のために動いてくれてます!

その頃の、当の秋姫はといいますと・・・

(あれ・・・)
(あたし・・・ どうしたんだっけ・・・)

ぼんやりとした空間に、天狐になりかけている秋姫が座っています。
(あ そうだ)
(さっき疲れて瞬ちゃんの隣で寝ちゃったんだ)


え?秋姫どこにいるの?

場面はドピンク横町に戻りまして、
兜の付喪神がごみ箱の上で喋っています。
兜の付喪神はそのまんま、お花のついた戦国武将の兜です。
「ん じゃからさっき言った通りよ
まだ月があるからセーフじゃの」


その言葉に驚いた表情の栄介君とモミジちゃん。
福山様はフクロウ姿に戻って栄介君の方にとまっています。

「そうですっ まだ大丈夫ですっ
私 吉野の緑峰山の皆様にメール打ちますっ」

額を押さえて焦った様子のモミジちゃんが携帯を打ち始めます。
その隣、「太郎坊・・・ 早まるなよ・・・」つぶやく栄介君。

モミジちゃんの打つメールの件名が映ります。
「 【緊急】天狗道の開き方がわかりました 」 Σ(・ω・ノ)ノ

みんなが心配する秋姫は、ぼんやりとした空間の中、
(ならここはきっと夢の中だね) と分析しています。

その時、秋姫の頭上に話し声がし、

次の瞬間。

もう一人の秋姫が「ギャーっ」と悲鳴を上げて落ちていきます∑((((((゚д゚;ノ)ノ

驚く秋姫。

落ちてきた秋姫は一瞬ではるか下の方へ落ちていってしまいました。
「しゅん・・・・」
あまりに早くて、秋姫の叫ぶ言葉が一瞬で聴こえなくなりました・・・。

(え・・・何・・・)
(今落ちて行ったの あたし!?)


驚く秋姫。

さらに、上の方に手が見えます。
(あ・・・ ・・・れ)

手の主は、はるか上の方、穴のようなところから上半身が見えます。
(瞬ちゃん・・・!?)

(もしかして)
(ここは瞬ちゃんがよく見るって言ってた悪夢の中?)


この秋姫の場面にモミジちゃんのメールがさしこまれています。
「天狗が月を食らうとは文字通り、姫ちゃんが力を使って今日の満月を食べてしまうそうです。
そして、その月の無くなった穴が天狗道の入り口になるそうです。
なんとか、なんとか、阻止して下さい。また電話致しますので 」


んん?
てことは、瞬ちゃんが上半身を出しているように見えるところが月があった場所?
秋姫が落ちていったのが月の中ってこと??

ていうか、文字通りと言いますけども、「月を食べる」ってどゆこと?
天狗道に堕ちるのは年末じゃないの!?

来月号の予告に、
「瞬の悪夢に入り込んでしまった秋姫。天狗道はついに開いてしまうのか!?」と書かれていたり、
「秋姫、覚醒―――!?」の文字が躍っていたりで、
次回は天狗道に関することが動きそうな予感が・・・!

瞬ちゃんは秋姫を捕まえられなかった日から軽く昏睡状態だけど、
ずっと、秋姫が天狗道に堕ちる悪夢を見ていたのだとしたら・・・(´;ω;`)
瞬ちゃんーーーーっ!!。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

しかし、瞬ちゃんの悪夢の中では怖ろしい出来事だったけど、
当の秋姫の目から見たら、落ちて行く様がちょっとユーモラスにも見え・・・。
「ギャーっ」という緊迫感がちょい削がれる悲鳴と、
一瞬で堕ちて行くために、声があっという間に遠ざかっていく様とか・・・。
ちょっと笑ってしまった・・・。
いや、瞬ちゃんにも秋姫にとっても悪夢であるのですけども!

夏服の時かと思ってたけど、今回は長袖のセーラー服だったし、
あんまり細かいところは関係ないのかもしれませんね。
秋姫がこのままの中途半端なまま緑峰町に帰るのは可哀想なので、
来月、なんとか解決して頂きたいところ・・・。

それにしても。

ミドリちゃんーーーーーっ!!!!

この大変な場面でなんていう爆弾落としてくるんだっていう・・・っ!:(;゙゚'ω゚'):

でも、今回の暴露された2人の関係、とっても良い+.(≧∀≦)゚+.゚

私は瞬ちゃんが人間じゃないのではないかと思っていたので、
ちゃんと人間で(←)安心しましたー!

思わず読み返してしまいましたが、ミドリちゃんと瞬ちゃんとの会話シーンが胸熱でした・・・!
ミドリちゃんは秋姫のことを親友として大切にしているけど、
瞬ちゃんのことも気にかけてて、なおかつ応援してたとかいう・・・っ!゚+.(*ノェノ)゚+

これって、瞬ちゃんも知っているんでしょうかね?
瞬ちゃんの勘の良さならわかっていそうですけど。

秋姫は知らなさそうですが、「松中のおじいちゃん」という単語がけっこう出て来てて、
これもはじめから伏線としてあったのですね∑(゚д゚*)

町天は、続きを読むと過去のストーリーがより理解できたり、より面白くなったり、
何度も何度も楽しめる稀有な作品だと思います!

そういわれてみれば・・・っ:(;゙゚'ω゚'): の連続です!!

今回は、ミドリちゃんの「重たくもあり軽くはない話し」でいっぱいいっぱいですが、
その他も、弱っているモミジちゃんとか、頼れる栄介君とか、
毎度男前すぎる赤飯町軍団とか、何度見てもいい男過ぎる福山様とか、
たくさん見所があって忙しかったですね(´∀`;A

話しも動きましたし、今回動きがほぼなかった主役2人は、
来月号の表紙&巻頭カラーでどう動いていくのでしょうか。

表紙、きっと素敵なのでしょうね+.(≧∀≦)゚+.゚
今から楽しみです!

11巻の絵はまだ出てませんが、予約ページができてますね!
また何かプレゼント企画など行ってくれることに期待!゚+.(o´∪`o)゚+.゚

町でうわさの天狗の子 11 (フラワーコミックス)

新品価格
¥450から
(2013/5/31 23:38時点)


衝撃でしたねっ!!!
涙と興奮なしでは読めませんでしたよっ!!!\(≧□≦。/。。
ミドリちゃんでブワァッってきて、泣きそうなモミジちゃんでブワァッってきて、栄介くん今回めっちゃカッコイイしっ!!!何だよアイツッ!!ただのチャラ男だと思ってたのによー!!!(≧Д≦。。。。。。
泣きながらユカリくんのツッコミで『ブッ!!』とかなっちゃうし今月の町天のページが危うく涙と鼻水でお汚れ様になってしまう所でした(;ω;)←ティッシュが近くになかった。
しかも岩本先生が新巻の発売日までお知らせして下さってましたね!本当にありがたいです!!
10巻はなかなか発売日が公開されなかった(と思うくらい町天中毒だった)ので奥歯ギリギリさせてたのを思い出します(´▽`*
とりあえず今月、来月は我が家家計が火の車でウホウホ町天買えてなかったかもしれないので7月には安心してマンガ買えてるのに期待*´_ゝ`)。*゚+←遠い目

それでは、私情まではさみまくって長々スイマセン><
いつもありがとうございます(´∀`*
フラワーズ買うようになったんでそちらの感想も最近楽しみです♪
[ 2013/05/31 10:56 ] [ 編集 ]
Re: みっこサマ
衝撃でしたよね!!!!

どうしてこう、毎回毎回涙が出る展開なのでしょうか。
びっくりしましたあああああ(´;ω;`)
ティッシュを近くに置いて読まねばなりませんねw

今回、ミドリちゃんにユカリ君がいてくれて良かったなぁと思いました。
ユカリ君の自然体な反応がとっても良かったです+.(≧∀≦)゚+.゚
とっても男前に描かれてましたし!

モミジちゃんが弱っていましたねぇ・・・。
そこへきて、栄介君の反則的なカッコよさったら・・・゚+.(*ノェノ)゚+
その上に、金ちゃんたち赤飯軍団の男前さ。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。

毎度毎度、みどころが多過ぎて・・・っ!

11巻はなんだか早く発売になったような気が、私もします♪
来月号は表紙ですし、何か特典とかやってくれたらいいなぁと思っております。
安心して買える7月発売でようございましたw

来月号は秋姫と瞬ちゃんに動きがあるはず!
単行本も来月号も楽しみですー!
[ 2013/05/31 22:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。