私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ティアーズ・トゥ・ティアラ


ゲームの画像ですが、アニメの感想です。

なぜ、ゲームの画像かと言えば・・
こちらは・・
「後日談」みたいなんですもの~!

やっと、アニメ最終回まで見終わりました。

ファンタジー好きには設定萌えの、絵もとってもキレイな、楽しめた作品です!
けど、なんだか消化不良というか、惜しい!というか・・。

なので、後日談なゲームが出ているのが嬉しかったのです。
口コミを見る限り、それほど目新しい出来事はないようですけども・・。
シリーズが続いてくれるならそれだけでいいよ!と、思いまして・・。

この作品は、一言、キャラ萌えです!

好きなキャラが見つかれば好きです!
って、それを言っちゃあ・・ですけれど。

いえ、面白いです。 面白いんですが・・!
でも、何と言うか・・ なんか、淡白なんですよね・・。
好きなんですが! もっと好きになれたんではないか!?と・・。

天界とか、白の精霊・12使徒・古代王国・妖精王・魔王・前世とか諸々の
キラキラのファンタジー設定だけでも素敵なんですが。
画はとってもキレイだし!
戦う時とかの動きも素晴らしいです。

話も女の子いっぱいのハーレムものかと思いきや、
男の友情に重きをおかれているようで、「わが友!」と連呼したりして、
どちらかといえば硬派なお話も好きでしたが、

しかし、だが、しかし・・

恋も友情ももう少し踏み込んで欲しかったかと。
戦いもきれいに終わらなくともよかったような・・。

でも、

総括して、私的には好きですが。

ネタばれ感想↓


『ティアーズ』は、元がゲームだというのがアニメでは弊害なような~・・。

私的に消化不良を感じてしまったのは、一番にはラブ度が低い点です。
あんなに男女が揃っていてもカップル成立率がものすごく低いんです。
カップル好きなもので・・。
だから、惜しい!と思ってしまうんですよね。

女の子キャラたちもみんな可愛いのに・・。
Wikiなんかをみると、女の子たちはアロウンのお嫁さん候補みたいなんですよね。
アニメではリアンノンだけが「妻」を名乗っていましたが。
だからなのかわかりませんが、リアンノン以外の女の子では
唯一エポナだけがタリエシンと良い感じ。
せっかく見目の良い男女がそろっていても、くっついたりしないんですよ。 もったいない!
『うたわれるもの』でもそんな感じでしたので仕方ないのかもしれませんが。
ゲームだったら他の子も選べるのかもしれないんでしょうね。
って、ゲームはやっていないのでわかりませんけども・・。

だと思って、ラブ度が低くても仕方がないと思っていたら・・
アウロンリアンノン「わが妻」って言っててちょっとびっくりしました。
リアンノンが勝手に「お嫁さんになります!」とか言い出したと思っていたので、
アロウンもちゃんと認めた上で襟飾りをつけていたのか、と。
かと言って、この二人にラブ展開がある訳でなし・・。
アロウン的には、リアンノンの前世?のプリムラの面影を見ているお父さんな感じでしたよね。

アロウンは終始アルサルを育てることだけが大切なようでしたし。
まぁ、2人の友情も好きですが。

OPのアロウンのかじったリンゴを受け取ったアルサルが一口リンゴをかじって、
楽しそうに戦っているののが好き。


アロウンはプィルのことが大好きっぽいです。
だからアルサルにも執心しているように思えるんですが。
やっぱり一番初めの戦友だからですかね。
アルサルはプィルの生まれ変わりのようでいて、最終回まではっきりとは言及されませんでした。
リアンノンはプリムラの生まれ変わりだとはっきりしていましたが。
アルサルの真名がプィルと同じ「レギウス」なのかは最後まで分からなかったのですが、
できれば真名を名乗って欲しかった。

千年前のプィルたちの方がアルサルたちより洗練された感じなのも良かったな。
子孫が辺境の部族になっているのも良かったし。
前世ではプィルが妖精王だけあって魔力が強かったのに、アルサルには魔力がなくて、
プリムラが何の力もない人の子供だったのに対して、リアンノンが力の言葉を唯一唱えられる魔力を持っているのも逆になっていて良かった。

プリムラがずっと子供姿だったので、途中で あれ?と・・。
アルサルが妖精王直系の末裔で、リアンノンがプリムラの生まれ変わりってことは、
プィルとプリムラが結ばれたの!? と、急に気がつきまして・・。
何だかとっても好きな設定でした。
プィルとプリムラは、お互い好き合っているんでしょうが、アロウンと3人でお互い好きっぽいような気がするのです。その証拠のように、現世では二人は兄妹で、お互い極度のシスコンのブラコンでもあくまで兄妹だし。アロウンのことを大好き同士な二人って感じがするのです。
3人でハッピーエンド!みたいな・・。

しかし、プィル達とあれほど苦労して造り上げた王国が、千年後には伝説と化していたのは、
アロウンにとっては悲しい事実ではなかったんでしょうか?
目覚めてから何の動揺も見せずにいたアロウンではありますが・・。

それに、せっかく生き残って新しい王国を築きあげた彼ですが今後死ねることはあるんですかね?
死んで神にはならないと言って千年眠っていた彼ですが、
再び天界とのつながりを切った世界では、死ねるのかな?
アルサルやリアンノンが老いて死んでいくのを見送るだけなら少し悲しい気がします。
アロウンはそれも穏やかに受け入れてしまいそうですが。
リアンノンとの間に子供でもできてその子孫がずっと続いていくんなら、それを満足そうに眺めていそうでもありますけど。

アロウンの寛大さは本当に良かったです。
記憶を改ざんされたアルサルに父の敵として刺された時も、
最終回でリアンノンが力の言葉を思い出させようとする時も、
ただただ穏やかでしたし。
さすがに元・神の使徒?それとも年の甲?

あぁ、でも、オガムはずっと一緒に生きてくれそうです。
オガムは天界時代からおじいちゃんですもんね。
「原初の炎」を使っても、全然ピンピンしてますし。

オガムは賢者と言われるだけあって、誰より知識があって年若い者を正しく導いてくれるのが素敵でした。軽く冗談も言ってくれる好々爺だし。
オガムのエピソードの中では、プリムラにラテン語を教えていて
アロウンに「この戦いの最中に、お前、何やってんの?」と言われて赤くなっているのが可愛かったです。それに対してプィルが大笑いするのも良かった!
でも最後、役に立ったじゃないか!
オガムがいればアルヴィオン王国も長く存続できそうなのに。

モルガンの「お腹ヘリヘリ」に、アルサルが「アルサルもお腹ヘリヘリ」と口をついて出てしまい、
みんなが吹き出す中で「オガムもお腹ヘリヘリ」には誰もつっこみませんでしたね・・。
オガムじいちゃん素敵!

しか~し! キャラ萌えでは、何と言っても!
アルサル兄様LOVE です!
それだけで見ていたところがあるかもです・・。

けでも、アルサルは誰とも絡まないんだよねぇ・・。
オクタヴィアあたりと、なんかあっても良いのに。
モルガンとが一番接点ありそうだけど、私的にはちょっと・・。
モルガンも可愛いけど、あまりに色気がなくて。露出度は一番高いのに。
モルガンの戦い方はすごく好きだけど。
弓の連続打ちとか良かった!

『ティアーズ』はバトルシーンが素晴らしいんです!
モルガンが敵と距離をとりつつ必中の弓を次々射るのが一番好きだったかも。
でも、アルサルにはリムリスのような癒し系が良いかと思います。
私的 いち押し! 城付き妖精・リムリス!
そつなく家事をこなし、年少のエルミンに優しく接し、腰も低く控え目です。
竜王(ペン・ドラゴン)を名乗るんだから、お妃は妖精でも良いはず!

でも、なぜ竜王?
最後の戦いではタリエシンが竜族を連れて助けに来てくれましたが、
だったらタリエシンが竜王でもよいような・・。
アルサルはアーサー王の名前が元になっているそうです。
せっかく赤の鉄の時代なんだから「人王」でも良かったような。

戴冠式では巨人さんや竜族さんもみんな万歳して喜んでくれてて可愛かったけど。
竜族は、オガムが橋渡しになってくれても良かったような気もするのですが。

タリエシンが実は一番男前でないかい?な感じでしたね。
軽くみせながら、物事を見定めていたり、族長として名乗りを上げてブリガンテス族率いちゃうし、
おまけにアロウンでさえなんともできなかった事態を救ってみせたりして。
エポナと唯一カップル成立したのも彼だけだし!

エポナは女の子キャラの中ではがめつい商魂たくましい妖精ちゃんで、色気度は一番低いのに
タリエシンのおかげでべたべたされて困っているのが可愛かった。

妖精たちは、その他大勢になってしまったスィールラスティも可愛いんです。
「私って不幸~・・」が口癖のスィールも、
戦う時に槍をくるくるさせて水を操るのが素敵。
ラスティはスィールにアヴァロン城がガリウスに攻められた時に人間爆弾にされて子供のように
泣き喚いているのでキました。可愛い!

話においても、このガリウスとの戦いに勝った辺りまでが戦いでもクライマックスだったような気もするんですよね。
嘘の記憶に惑わされてアロウンを刺してしまったアルサルが、失意の中から友を得て復活する場面はワクワクしました。
王道へと続く門を声だけでこじ開けて、誰の呼びかけにも目を覚まさなかったアロウンが
アルサルの呼びかけにはすぐ目覚めるのとか、すごい良かったです。

ガリウスもアルサルの元へ下って欲しかったな。
部下の人はアルサル配下になってくれたけどさ。
ガリウスもアルサルを「小さな王」って認めてたんだし、自分が王様でなくても自由な国を作ってくれるなら、アルサルの味方になってくれても良かったのに。
ガリウスとアルサルは気が合いそうですよね。

アルサルはいかにも素直でまっすぐで年長者に可愛がられそうですし。

最終決戦も、あんなに慌てて白の精霊と戦わせなくても良かったような。
しかも、一人倒したってあと10人いるんだろ?とか、言っちゃだめですか・・?
天界とは繋がりを断てたからそれでいいんですかね?
次の戦いはまた千年後とか??
なので、ガリウスを味方にして、帝国を倒して終わり!ぐらいで良かったような気も。
そんでもって、戦いは続く・・みたいな。

味方は誰も死なずに大団円で終わって良かったことは良かったですけど。
そんなところもあっさりしてしまったので、「後日談」らしいゲームが嬉しかった訳でもありますが。

そういや、最後の戴冠式でアルサルの服にがっくり来てしまいました。
マントの下・・ いつもの腹出し服やん!
ちゃんとした王様服を用意して欲しかったよ・・。

Wikiを見ると、アルサルの隠れた特技は「裁縫」だとか。
でも、その特技はリアンノンにのみ発揮されてリアンノンの身につけているものは全てアルサルの手作りなんだそうです・・。末期のシスコンぶり! 
ちょっと引く特技ですが、このエピソードもやって欲しかったなぁ。
前世の妻が最愛の妹になっているからこそなんですかね?

こうすればいいのに、ああだったらよいのに、と惜しい!と思うことがたくさんあるので、
なんか、誰かの二次創作の方に好みな話とかありそうです。
[ 2009/11/17 21:59 ] anime | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。