私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

flowers 2月号 『町でうわさの天狗の子』


いつも、楽しみな代わりに、
楽しみにし過ぎて来月号に続くのが嫌で嫌で・・。

今回はずっと楽しみにしていた四国へ初詣へ行くお話です。

瞬ちゃんと恋人のふりをすることになった秋姫は・・?!

てな、感じなのですが、中身を読めばいつもの如くちょこっとずれた方向で話は進むのですよね。
岩本さんは、ストレートなんですが、あたかも「あだちみつる」みたく行間の間のようなものがあり、
一言で言えば わかりづらい んですよね。

が、この間に雰囲気があって、とっても良いのです!

今月号を読んじゃったから、
あぁ、来月が待ち遠しい・・。

ネタばれ感想↓


緑峰山の全員一致で、秋姫と恋人のふりをすることになった瞬ちゃんですが、
いつもと全く変わりません。

たける君にアドバイス受けてたよね?!

それよりも、瞬ちゃんから話を聞いた秋姫の反応が
「そんな誰も得しない嘘」って言っていたのが・・。

改札を出たら康徳パパの命令として施行される、と瞬ちゃんは言っていましたが、
2人に全く恋人らしいところはなく・・。

人ごみの中はぐれそうになった秋姫の手を引く瞬ちゃんに おっ!と思いましたが、
「初詣は手をつなぐもの」(by秋姫)なのだそうです。

秋姫はすぐはぐれるので、瞬ちゃんはいつも手をつないでいるんですね。
2人は幼馴染で兄弟同然なので、意識せずにそういうことしちゃうんだね!
それはそれですっごい好みな設定ですが。

石鎚山の五郎坊の栄介君は相変わらず軽いです。

でも、ものすごい自信家のポジティブで、大凶を引いた秋姫に
自分は大吉しか引かない、と自分のおみくじをくれるのは良かったです。

それと、秋姫に「もみじちゃんみたいな可愛い子と30分も2人きりでいたら頭おかしくなっちゃうよね。」と聞かれ「そんなことがあったら、1度も信じたことはないサンタを信じてしまうぞ!」とか言っていたのがとぼけていて良かったです。

秋姫は、瞬ちゃんがもみじちゃんと2人でカラオケに来たことがずっと引っかかっており、
瞬ちゃんがもみじちゃんを好きだと思い込んでいます。

秋姫の目に瞬ちゃんともみじちゃんはそれほどお似合いだったのでしょうね。

秋姫はそのことを考えると知らずに力がほとばしってしまうようで、
参拝の前にけむりを浴びるところ(何ていうの?)の線香の火から、火柱を上げさせてしまったりします。
それを、すっと手を上げて治める栄介君も軽くても天狗の息子なんですね。

一方の瞬ちゃんはふくろうの福山様から話を聞いています。
瞬ちゃんが鞍馬に修行に行ったのは、知りたいことがあったからだとわかります。

もしや、秋姫が天狗にならないようにする方法?!と、思いましたが、

天狗が天狗道に堕ちるとどうなるのか? でした。

歴史のある鞍馬山にも文献がなく、福山様が言うには天狗道に堕ちたものは永久に帰って来れないから、だそうです。天狗道がどんなものなのか、なぜ堕ちるのかまだよくわかりませんが、
瞬ちゃんが必死に調べるのには訳があるのです。

子供の頃から夢をみるのだそうです。
秋姫が暗がりに落ちていき、秋姫に手を伸ばす自分の手首には古傷がある、という夢です。
鞍馬山の修行で怪我をしたことをタケルや西城に話す時に
「ここだけは傷をつくりたくなかった。」と言った瞬ちゃんの真意が分かります。

予知夢であれば、手を打たねばなるまい、と。

おいおい、秋姫、おみくじ大凶引いちゃってたよ、瞬ちゃん・・。

暗がりに落ちて行く秋姫はセーラー服です。
って、ことは近い未来ってこと?

瞬ちゃんは何とかそれを阻止しようと色々調べていて、
秋姫と栄介君が2人きりになっても、齢120年を生きている福山様に話を聞きたかったのですね。

瞬ちゃんの秋姫に対する献身は仕事だけ、ではないですよね?
栄介君が差し出してくれたベルギーチョコも、甘いものが尋常でないぐらい嫌いっぽい瞬ちゃんは
当然とばかりに毒見してくれるし。

チョコに苦悶する瞬ちゃんを見る秋姫の後ろ姿を見て栄介君は何かを感じ取ったようです。

秋姫と栄介君は似た者同士で友達として良いコンビっぽくて好き。
どちらもお姫様とお坊ちゃまですし、わがままで頑固で素直で天真爛漫です。
一方の瞬ちゃんともみじちゃんも似た者同士かも。
しっかりしているけど世間に疎かったりするところとか。

初詣はこれだけで無事終了と相成ります。

ね?恋人のふりって・・?みたいなね・・。
あれだけ大騒ぎになったのに。

秋姫は心底瞬ちゃんを恋愛対象とは見ていないと「思っている」ようで、
瞬ちゃんにもみじちゃんとのことも 「応援する」と言おうとしますが、なぜか言えないのです。

帰りの電車に乗るために再び改札を通った2人は、恋人らしいことは何もしていませんが、
恋人のふりをもうしなくてよくなります。

ですが、人が多いので瞬ちゃんは手をつなごうと手を差し出します。
秋姫は、その手も取れないのです。
もみじちゃんとのことでもやもやしているままで、瞬ちゃんは差し出した手を腕組みして、
栄介君と何かあったのかと思っている模様。

瞬ちゃんがこの時何を思っていたのか気になります。
もう、恋人のふりをしなくてよくなったから自分の手をとらないのかと思ってショックだったかな?と。
秋姫は瞬ちゃんが昔のように仲良くしてくれなくなった思っていますが、
瞬ちゃんも昔のように秋姫が何を思っているのか分からなくなった、と思っていないかな、と。

瞬ちゃんの行動原理にはいつも秋姫がいる訳ですが、瞬ちゃんも無意識なんでしょうね。

気まずいまま初詣が終了します。

瞬ちゃんと秋姫が仲良くなるイベントかと思いきや、逆でしたね・・。

しかも、秋姫が天狗道に堕ちるかもしれない、という不穏な未来が提示されました。
どうなっちゃうの?秋姫!

人が天狗になるというのもどういう仕組みなのか、康徳様の物悲しそうな過去なども関係しそうで、
ますます目がはなせませんよ。

新刊です!



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。