私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

flowers 4月号 『町でうわさの天狗の子』


今回のお話は赤沢ちゃんと三郎坊のお話でしたね。

明らかに三郎坊が気になっている、秋姫からすると「恋愛マスター」の赤沢ちゃんですが、
中身はふつうに恋する女の子なのです。

現実世界とは時期が少しずれてしまいましたが、
女子たちはバレンタインデーの少し前でチョコを手作りしようと盛り上がっています。


ネタばれ感想↓
スケート場で三郎坊と再会した赤沢ちゃんですが、
「スケートをやらないの?」の問いに「二足歩行は苦手だ、自分は狐だ」と言う三郎坊に
彼は「しょせん狐」なのだと再認識します。

三郎坊は、赤沢ちゃんが思っているには、自分の好意に気付いているのだとか。
気付いていて、距離をおいているんだとか。
その割に赤沢ちゃんに構う三郎坊は狐だけあって、真意が読み取れません。

学校では、女子たちが、チョコを手作りしようと盛り上がっています。

秋姫は毎年、康徳パパと瞬ちゃんやお山の動物たちにチョコをあげているようですが、
「あげたいと思う人がいていいな~。」とみんなを眺めています。

そんなところへ、フクロウが飛んできて秋姫に手紙を。

フクロウが福山様だったのか、福山様の部下だったのかよくわかりませんでしたが^_^;
手紙の主はもちろん栄介君です。

「2月14日 
チョコもらってやってもいいぞ A→suke」


この軽い手紙!

ですが、まぁいっか、と秋姫は栄介君にもチョコをあげるつもりのようです。

ところが、ラッピングを買いに行った先で、瞬ちゃんとタケル君と会った時に
栄介君にチョコをあげようとしていることが瞬ちゃんにばれてしまいます。
それを知って、瞬ちゃんが速攻で栄介君に電話しているのがおかしかったです。

「おす!次郎坊!」
「秋姫への用件は俺を通せ!」

2人の慣れたやり取りに、秋姫が「仲良し?!」と驚いていました。

瞬ちゃんは栄介君の電話番号を知っていたんですね^^;

毎年秋姫にチョコを貰っているはずの瞬ちゃんですが、
バレンタインデーは「チョコを食べさせられる苦行の日」と認識している模様・・。

秋姫に解説を頼まれたタケル君がバレンタインデーのことを
「お山の外では女子が好きな男子にチョコをあげる、男子には居心地が悪い日なんだよ~!」と必死に訴えていました。タケル君がいかに毎年苦労しているのかがしのばれます。

それにしても、秋姫はもう、タケル君にチョコをあげたいとはもう思っていないんですかね?
「誰かにあげたいな~」と思う前に「タケル君にあげるはずだったのにな」と思っててもよいかな~と。
秋姫はタケル君のことは完全にふっきれてるっぽいんですよね。

高校まで追いかけるほど好きで、あんなに泣いたのだから、
もうちょっと未練あってもよいんじゃないのかしら、と毎回思ってしまいます・・。
そんでもって、タケル君を好きな秋姫を見る瞬ちゃんの切ない表情を・・!

今回、タケル君は、秋姫が栄介君にチョコをあげると知って即!電話で抗議した瞬ちゃんに何か思っている様子。
瞬ちゃんが秋姫に対して思っている気持ちは、もしかするとタケル君の方がよくわかっているのかな~なんて。

秋姫を巡る三角関係は瞬ちゃんとタケル君から、瞬ちゃんと栄介君になっていきそうな予感です。

栄介君の他、もう一人気になるキャラではもみじちゃんがいます。

前回のスケートでもみじちゃんと和解した感があった秋姫でしたが、
チョコの手作り会にもみじちゃんが参加することになって、想いはまだ複雑そうでした。

ってことは、
バレンタインデーではですよ?
もみじちゃん→瞬ちゃん/秋姫→栄介君 になったりしちゃって。
そうなったらば、関係が一層こじれていくんですかね・・?

でも、もみじちゃんは秋姫に友チョコをくれたりしそうな気もするんですが。
それで秋姫がまた罪悪感を感じちゃったりするとか。

バレンタインデーの意味を知った瞬ちゃんが秋姫のチョコにどう反応するのか、
そもそも秋姫が瞬ちゃんにチョコを渡すのか、栄介君に渡すのか、
次回は見逃せません!

さて、話は今回のメインキャラ、赤沢ちゃんと三郎坊に戻りますが、

狐なんかじゃなくても言い寄ってくる人間の男子に不自由していない赤沢ちゃんは、狐にチョコをあげようかどうしようかと悩んでいます。

男の子と遊んだ後の帰り道で、男の子からのメールに「生かさず殺さず」、だけれど「誤解されないように」返事をしようと思案している赤沢ちゃんの背後に三郎坊が現れます。

秋姫ママと横浜にクルーズに行った帰りだとか。

「行きたい!」という勇気を出して言った赤沢ちゃんに
三郎坊は「姫様を誘えばわしたちも護衛で行くことになる。」とつきはなします。

それはまさに赤沢ちゃんが自分に気のある男の子に
「みんなで」という断りを入れるのと同じような牽制です。

そのまま女の子を送ってもあげずに赤沢ちゃんを通り過ぎて歩いていく三郎坊はやっぱり狐なのかも・・。
でも、赤沢ちゃんが帰るのを反対側に歩きつつ何気なく見ている三郎坊がちょっと良かったです。

2人が反対方向に歩き始めたところ、赤沢ちゃんの前に疾風様が現れます。
康徳様の眷族神のです。

名前から疾風様と白妙様の登場を楽しみにしていましたが、
初詣の回に初登場されていて、狼と蛇 でしたね・・(ーー゛)

疾風様を見て「この喋るワンちゃんは秋姫の所のワンちゃん?」と聞く赤沢ちゃんをチョップして疾風様に謝る三郎坊に対して「秋姫の知り合いがアホなのは仕方ない」って答える疾風様が好き。

その疾風様に「毛並みのいい女」ということで気に入られた赤沢ちゃんは「一晩相手をせい」(!)と!

えぇ~?!
が、そこはこのほのぼのワールドです。

疾風様のいう一晩の相手は、
「かわいがってやる」ではなく、「かわいがれ」なのです。
それでもって、疾風様の目線は思いっきり赤沢ちゃんの右手を見ています。

あぁ、一晩なでろってことか・・^_^;

なでろってことでも嫌そうな顔をしている赤沢ちゃんに
「三郎坊言って聞かせい」と疾風様が三郎坊に命じますが、

お調子者の三郎坊が意外にも
「面を貸した縁があるのでご容赦を。」と赤沢ちゃんをかばって頭を下げるのです!

この後ろ姿に赤沢ちゃんの中のもやもやが一気に吹き飛びます。

三郎坊はかわりに、疾風様をブラシの超絶技巧をもつ奥様の元へ案内しようとしていますが、
その三郎坊に向かって「チョコ食べれる?!」ととっさに聞いた赤沢ちゃんにもう迷いはないようです。

後日の学校で「ささ身入りの」チョコを作るとのたまっていました。

お山の動物たちが「お面」を貸すことは何か意味があるんですかね?
疾風様も「それなら早く言え」とすぐに引きさがっていましたし。

そもそも異種族間の恋愛は認められているのかしら・・??

天狗と人間も異種族?天狗は元人間だからいいのかな?

疾風様も人間に化けられるんですよね?見たい!

秋姫の恋愛は最近はっきりしない感じなので、
赤沢ちゃんの恋愛の方が、少女漫画している気もしますね。

学校で有名な美少女と人間に化けられる狐!
これだけでも物語になりそうですもんね。

次回はバレンタインデーだ!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。