私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

先着50万名様に
『のだめ3大ラブシーン&二ノ宮先生描き下ろしポストカード(全4種)』と、
『特製ブックレット 3つの夜想曲(ラブシーン)』がもらえますよ(^_^)/
132_20100420230628.jpg


ちょっとネタばれ?感想↓
なんか、思ったより重たかったかな~と。

もっと「のだめ」っぽい大団円のフィナーレを期待していたからか、
ちょっと違かったかな~と・・。

「前編」の、のだめの心を映した雨模様のまま「後編」は始まります。

「後編」は前半部こそミネやマスミちゃんが遊びに来て賑やかで楽しかったですが、
中盤から後編に至るまで、のだめが鬱なんですよね~^_^;

ミネやマスミちゃんとパリ観光するところなどは、
写真がカシャカシャとられて、次々に文字や絵が描き足されてとってもポップ(^o^)丿

あと、ミネとキヨラのラブシーンも可愛かった!
キヨラが後ろからミネに抱きついて「日本に帰ってもい~い?」って聞くのです。
この2人可愛い(*^_^*)

のだめと千秋も、
こたつキスなど恋人同士の描写が多かったのですが、
すれ違いの2人がちょっとツライ展開なんですよね・・。

千秋はいつも絶妙にのだめに助けてもらっているように思うのですが、
のだめに関して彼は鈍感なんですよ(-"-)
悩んでいるのだめを置いて、自分の勉強のために引っ越しちゃったり。
他の人々に関しても、なんだか、みんながのだめを追い詰めるだけ追い詰めて放置、みたいな気が・・。

シュトレーゼマンとコンチェルトで最高の演奏したのだめは
「もうこれ以上の演奏はできない。」と失踪してしまいますが、

のだめの中にはいつも「いつまで続ければイイデスカ?」という想いがあるんですよね。

最後、千秋とのモーツァルトの連弾で、音楽への意欲を取り戻すのだめが、

いつか千秋とシュトレーゼマンを超えるコンチェルトを目標に、
千秋に「負けません!」と宣言してハッピーエンドと相成ります・・。

が。

なんだか、暗に、
これからもいくつも苦難があって、
それを乗り越えて最高の演奏を目指す!の繰り返しなんだよ
、な印象を持ってしまいました。
音楽がまるで苦行のような・・。

そして、のだめがピアニストを目指さないなら千秋ともお別れなの?な気が・・。

ハッピーエンドで上野樹理はとっても可愛くて、
千秋先輩の玉木宏も千秋先輩に見えて来てキレイにフィナーレだったのですが・・。

もっとスパーンっ!と突き抜けた爽快感を求めてしまっていたので、
ちょっと期待とチガカッタかも・・(-_-;)

でも、映画として面白かったですよ。
私の勝手な期待とはちょっとチガカッタだけで^_^;
「前編」と合わせて観た方が楽しいかもしれません。
4時間ありますけど^^;

この実写は、キャラがイメージに近い俳優さんを起用してくれて良かったです。
中でも、黒木君が私的にはかなりイメージに近かったです。
黒木君が千秋と仲良しなのも好き。

ベッキーとウェンツもポップな感じで良かったです。
キヨラやルイもとても合っていると思いました。

帰って来てから、

漫画もこんな感じなのかしら、と、
とりあえずアニメの最終回を見てみたのですが・・

これだよ!

求めていたのはこの爽快感だよ!と思ってしまいました(;^_^A

みんなが音楽によってつながっていって、
音楽によって続いて行くような、これからも世界は広がって行くような終わり方に感じました。

登場人物のその後もやってくれましたしね。

映画では、「その1音によって変わってしまうことがある」との千秋のセリフが、
自分の人生の方向性、のような意味合いに感じましたが、
アニメでは人の関係性が変わって結果人生が変わる、というような印象。

二ノ宮さんの物語は
いつも人のつながりによって何かが開けていく、というようなポジティブさがあると思うのですが、
アニメの方がより明るいメッセージで締めくくられていたように思いました。

漫画もアニメもパリ編になってから、
何となくプロを目指すとなると挫折なども多いのだろうな~と想像して、
少し敬遠していたのですが、二ノ宮さんは挫折があっても不思議な爽快感があるんですよね。

映画も「前編」では
千秋が分かりやすくダメオケを立て直す爽快感があってとても良かったです。
一方のアニメでは「後編」の暗い展開でもそれほど暗く感じませんでした。
生身の人間が演技するのとアニメの表現が違うのは仕方ありませんが・・。

私的結論。

やっぱり2次元が好きだ・・。



[ 2010/04/20 23:10 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。