私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トライガン Badlands Rumble

前売り券&先着特典冊子(左)&パンフレット(右)↓
166_20100425183212.jpg

先着特典は「特製プレスシート(トライガン応援団イラスト・コメント入り)」
167_20100425183917.jpg 168_20100425184054.jpg
公式サイトでも見れますよ(^_^)/

半券2枚でフィルムが貰えるので、
136_20100425184215.jpg

また観に行くぞ\(^_^)/

ネタばれ感想↓
映画は銀魂の後だったからか、盛り上がり的には若干おとなしめかと。
トライガンらしくマカロニウエスタン調です。

20年前ヴァッシュが助けた銀行強盗を巡る話です。
ガスバックという銀行強盗は「奪う」ことに美学を持つ悪役で、
銀行強盗を「たたき」と言って独特の誇りを持っています。
20年前、このガスバックの美学についていけなくなった子分三人が、
銀行強盗の最中に裏切ります。
それを助けたのが「ラブ&ピース」のヴァッシュだった、というのが冒頭。

そして20年後の現在、ガスバックは三億ダブドルの賞金首になっており、
かつて自分を裏切った子分三人から全てを奪うために行動します。

子分たちはガスバックから奪った銀行強盗の稼ぎを元手にそれぞれ成功しており、
身を守るためにに賞金稼ぎたちを集めています。
ヴァッシュは美人の女賞金稼ぎアメリアにくっついてその街に入ります。

メリルとミリィの保険屋コンビは、
街のシンボル、巨大モニュメントを守るために街を訪れています。


子分の1人が造った像には50億の保険金がかけられているのです。
街の真ん中でライトアップされてくるくる回る悪趣味な像です。

そしてウルフウッドはやむにやまれない理由からガスバックの用心棒をしています。

やむにやまれぬ事情 
→ 砂漠の真ん中で水を買うのにお札しか持っていなくて・・みたいな。
やむにやまれぬ・・??

ウルフウッドの契約期間は「三人目の子分の館にガスバックが入るまで」、です。

やっぱりウルフウッド好き~(*^ー^)
どでかい十字架型の武器が好きだし、
関西弁もよし!

途中ヴァッシュが撃たれて、砂地獄に呑み込まれ死亡した状況になるのですが、
即座にロープをくくって助けに入るウルフウッドが良いし、
砂地獄の中ヴァッシュのサングラスしかつかめず、
その後アメリアの用心棒になった彼はヴァッシュのサングラスをかけてガスバックに挑むのも良いです。

いつも飄々としているウルフウッドが、ヴァッシュを助けられなかったやりきれなさから、
冷蔵庫をめちゃめちゃに蹴り飛ばしたり。

ヴァッシュは何だか危ういので、ウルフウッドが一緒だととても安心します。

今回のヒロイン、アメリアは坂本真綾が声をあてています。

武道館ではトライガンどころか声優について一言も言ってなかったけどf^_^;

アメリアは美人で男嫌い。
男が触るとじんましんが出てしまいます。
スタイルもよくてアメリアのヴィジュアルはけっこう好き。
荒くれの多い賞金稼ぎの世界では彼女はよく絡まれますが、悪漢は蹴り飛ばして対処しています。

でも大人数相手だと「押さえろ!」とか言われちゃってて
ヴァッシュがいなかったらかなり危ない感じ。

「トライガン」の世界の悪者は、
今はやっつけてもずっと恨みに思われて仕返しされそうなのが怖いです。

でも最後の方、アメリアの男嫌いも治っていたかも・・。

アメリアは何となく、予想できるかと思いますが、
ガスバックの娘です。
ガスバックもそのことは知りません。

ガスバックがアメリアのお母さんの元を去った後に生まれたからです。
アメリアは悪名高い父親のせいで、お母さんがお医者さんにも診て貰えず亡くなったので、
ガスバックを殺そうと追っているのでした。

それをヴァッシュが何とか止めようとします。

ガスバックはかつての子分の裏切りに、殺すだけでは飽き足らない、と
街のプランターを盗み出します。

このシーンはちょっと映画っぽいです。
プランターはご存知の通り、電球の形をしていますが、
この電球が街の中をゴロゴロと転がって行くのです。
そして一旦、メノリとミリィが守る巨大像がプランターを支えて、
良かった!止まった!
となりますが、像は悪趣味にも回るのです。

で、又も転がり落ちて行った先にホバーカーがあり、
まんまと盗み出されることになります。

プランターがないと電気がなくなって街が機能しなくなります。
アメリアは始め、プランターを犠牲にしてもガスバックを殺すつもりでしたが、
それは「この世は全て奪い合い」と豪語するガスバックと同じだと悟るのです。


そして、

ガスバックも改心する時が来ます。
アメリアが自分の娘だと知って。
アメリアの母親が娘に自分が残した武器を渡したと知って。

護送車の中、
「お前だけにはかなわねえや」
アメリアの母親を思い出すガスバックが少し良かったです。

今回、映画ではヴァッシュが悪党でも助けてしまうことで、
ヴァッシュがいないところで悲劇が起こっています。

ヴァッシュは「サイコロを投げたのは自分だから」と、
なんとか事態の収集をしようとしています。

ですが、「トライガン」の世界の悪党に
ヴァッシュの「みんな生きていた方がハッピーじゃない?」なんていう理想論は通じないのです。

ヴァッシュはガスバックにさえ圧倒的な力を見せつけます。
でも、力を持っていてもそれを使わないのです。
こういうヴァッシュの何がやりたいんだかわからない!なところが、
イライラしたりもするのですが、
でも、やっぱり目の前で人が死ぬのは嫌だよね‥。

お肉を普通に食べますが、
牛や豚を殺して食べろ、と言われてもできないですもん。
誰かが手を下してくれてるんだろうけど、そういうことって考えたくないですもん。
きれいごとってこういうこと??

話的にはマカロニウエスタン調な流れでまとまっていましたが、
なんか、映画版としてはあんまり派手さがないかな~という印象。
普通に面白いですが。

銃撃戦はさすがの迫力でしたよ。

私はウルフウッドの戦い方と、
ヴァッシュが人が死なないように弾道をずらすところが好き。


あと、ヴァッシュが飲み込まれた砂地獄の前で、
夕日をヴァックにアメリアとウルフウッドが車を挟んで立っているのも良かったです。

それから、「トライガン」の音楽が好きなのですが、
こちらもあんまり印象に残らなかったかも‥。
もっとバーンと盛り上がるかと思っていたのですが。

私的一言感想。

ヴァッシュよりウルフウッドがカッコ良かったです。

なので満足です(*^_^*)

武蔵野館の中↓
134_20100425184315.jpg 138_20100425184334.jpg

グッズではメガネは売り切れだったり。
135_20100425184243.jpg
[ 2010/04/25 18:52 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。