私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハガレン・最終回

ガンガン初めて買っちゃった・・。
だって、最終回なんだもの・・!

てか、ブ厚っ・・!!Σ(゚д゚;)
347_20100612000937.jpg 346_20100612000922.jpg
タウンページ??(-"-;)
普通に立つんですけど・・。


重すぎて始めと終わりの方しか読めない・・。
ハガレンはもちろん巻頭カラーです。良かった(^_^;)

巻頭カラーの3ページの後には、
ひたすらハガレンの特集やら宣伝やらカラーページが豊富。
これで540円は安いな~と思ってみたり。

すごい久しぶりに少年誌を買いました。
久しぶりに手が真っ黒に・・^^;

付録はハガレン『メモリアルクロック』
350_20100612000947.jpg 352_20100612001009.jpg
どうでもいいけど、セロハンテープの貼り方がやっつけだったり、
中の緩衝材が微妙に汚かったりするのは、今回の部数が半端ないことの表れなんですかね・・?

ネタばれ感想↓

実は・・

アニメとかも最近になってやっとこ、本当にやっとこ、ちらちら見るようになりまして、
完全にわかファンと化しておりますが・・

最近のアニメの盛り上がりといったらないわね!と、
続きが気になって、気になって。

大佐の目は治るの?!

月並みですが、やっぱりロイ・マスタングかな、と。
そしてホークアイ中尉かな、と。
結果、治ったようなので良かった、良かった。(←軽い?)

どうでもいいけど、中尉が首切られた時ぐらい名前で呼んでもいいのにね・・(=_=)

お父様も完全に倒されちゃいました~。
真理によって絶望を与えられて、あちら側に逝かれてしまいました。
よく悪役が滅びる時の「私が死んでも、また次の・・!」的なこともなく、
完璧に綺麗にご退場願う形となりました。

このお父様との死闘では、グリードに泣けた・・(ノ△・。)
リンとグリードは敵だったはずなのに、今や相棒という、不思議な共生関係が良いです。
お父様に引きずり込まれるグリードを何とか引きとめようとするリンと、
そんなリンを救うために「最初で最後の嘘」をついてお父様に取り込まれるグリード。

「うまくうるさいガキから分離できたぜ!」とうそぶいて、
お父様の中で炭素能力によってボロ炭に変身して攻撃を加えるグリードですが、
「小賢しい!!消えよ グリード!」の一喝で消滅させられます。

消える間際・・
「もう十分だ。何も要らねぇや。」という言葉が・・(TmT)
世界の王にならんという野心に満ちたグリードが「魂の友」を得て魂の平穏を得たんだなぁと。
権力なんかより得難いものだよ、グリード!

そして、色んな人の協力を得て、色んな犠牲を払って、
ここまで来たエドの、
ついにはアルの魂を引き換えに取り戻した左腕が、

お父様の胸を貫くのです。

お父様は“フラスコの中の小人”へと戻り、

真理の扉の前、
真理だとか神だとか宇宙だとかいう存在と対峙し、
「思い上がらぬよう正しい絶望を与えるのが真理という存在」と自ら言った通り、
あたかも食われたかのように扉の向こう側に引きずり込まれ、扉は閉ざされるのでした。

かくしてお父様との死闘はなんとか勝利したのですが、
アルは戻ってきません・・。

人体錬成における犠牲はお父様とはまた別のところですもんね。
やっぱり、敵を倒してハッピーエンドにはなりませんよね・・。

そこへイズミさんに支えられたボロボロのホーエンハイムが、
「俺の命を使ってアルフォンスを取り戻せ」と申し出ます。

もう、最終回、ホーエンハイムがすごい好きです!

いまだ和解できないままのエドに、ホーエンハイムがまっすぐ向き合います。
アルのために命を差し出すのは「父親だからだよ。」と。
「おまえ達が何より大事なんだ。幸せになって欲しいんだ。」と。

兄弟を二人ぼっちにしたことで、人体錬成をさせてしまったことを詫びるのです。

それに泣きながら「バカ言ってんじゃねぇよ クソ親父!」とエドが怒鳴ります。

怒られてるのに、「やっと親父と呼んでもらえた。」と、
ホーエンハイムが嬉しそうに笑うのが、もう!
本当に嬉しそうで良かったです(´_`。)

そして、エドはアルを取り戻すために、誰も犠牲にしない方法で、
「鋼の錬金術師 最後の錬成」を行います。

アルを取り戻す代価は、自分の中の「真理の扉」
真理の扉は全ての人間の内に在って、全ての人間は錬金術を使う力があるのだそう。
そのいわば錬金術の力そのものを代価にアルを連れ戻すのです。

エドの真理の扉の前で、神とか真理とか言われる者が問います。
「ただの人間になり下がるか?」
エドが笑って答えます。

「錬金術が無くてもみんながいるさ」

その言葉に神かもしれない存在が笑い返します。
「正解だ 錬金術師
持って行け 全てを。」


そして神かもしれない、もう1人のエドかもしれない存在が指さします。
「勝手口はあっちだ。」
指さす方向に、ガリガリのアルフォンスが座っています。

アルの真理の扉を通って、兄弟はみんなの元へ帰って来ます。

向こう側にいる真理っていうのは、自分自身でもあるのだから、
「正解」もそれぞれ違うんでしょうか・・。
だったら、「禁忌」ってどういう基準なんでしょうかね。
お父様の言うように、自分自身が思い描く絶望がもたらされるってことも正解なんですかね・・。
う~ん、難しい・・。

帰ってきたアルに抱きつくメイが可愛いかった(^_^)
小っちゃいのに、ものすごい活躍でしたね、彼女。
アルと幸せになって欲しい。

そんでもって、

「おかえり」と穏やかに微笑むホーエンハイム父さんがすごく良かった!
身体の感覚を取り戻して驚いているアルも、本当に良かった良かった。

みんながアルが戻って来たことを喜ぶ中、
ホーエンハイムはフラッと消えて行きます。
ブリッグズの人にお金を借りて・・^^;
エドが「何やってんだ、あいつ!」とか言ってるのもおかしかった。

ですが、お父さんは死期を悟っていたんですよね・・。

ホーエンハイムの最期の時は愛する人のお墓の前。
幸せそうな顔で静かに座っているのです。
人より長く生きることが苦行だったホーエンハイムのモノローグにも感動しました(TmT)

「ああくそっ でもやっぱり死にたくねぇなぁと思っちゃうな。」

ホーエンハイムの口調、好き。
やっぱりエドと親子なんだなぁと思います。

今回の騒乱について表向きには、
「ブラッドレイ大総統の留守を狙い軍の上層部が悪しき実験をした」というシナリオになっています。

お父様との対決は終わりましたが、ブリッグス兵と中央兵の間に禍根が残ったりしていて、
全てが丸く収まった、ということではない様子。

丸く収まっていないと言えば・・

視力を失った大佐も、お父様を倒したからと言って失ったものが帰る訳ではなく・・。

目が見えなければ軍を退役することになってしまうようで、
「目が見えないなりに出来る事を考えよう。」なんて言っちゃっていますが、
そこへドクター・マルコーが賢者の石を持って現れます。

賢者の石を「通行料」にあちら側へ行き、エドと同じように真理の扉を代価にすれば目が治る!
けれど、ドクターは取引材料に、大佐にイシュヴァール政策を実施するよう迫ります。
でも、おそらく取引なんてなくても、大佐はやってくれたんじゃないかしら。

とにかく、一番気になっていた大佐の目が治るようで良かった良かった!

大佐ってば、アームストロング少佐に
「また忙しくなるぞ。ついて来い!と私の部下たちに伝えてくれ。」と言っていますが、
中尉の所へ真っ先に行け!と思わなくもなく・・。

そんでもって、大佐の出番といえばこれが最後だった訳で・・。

その後はラジオで准将に出世してイシュヴァール政策に乗り出した様子が語られ、
ラストは写真の中に!
どうやらかなり偉くなってそうな上にオールバックのナイスミドルになって、
傍らにはショートカットの中尉の姿が!

相変わらずの上下関係のようで、厳しい顔つきの2人を見ていると、
大佐の戦いは今始まったばかりなのかも、という感じ。

この2人はそうしているのが幸せなのかもしれませんね・・。

でも失われたのが視力だけで本当に良かった~。
眼球を持ってかれてたらホラーですもの・・。

ロイ・マスタングは実写版だったら
作者さんアシさん全員一致で「及川ミッチー」なんですってね(。・m・)

リンたちシン国にも和解が訪れます。
賢者の石を手に入れたリンが皇帝になることになりますが、
チャン家はリンが責任を持って守ると約束してくれます。

「グリードですら受け入れたオレだぞ?全部まとめて受け入れてやる。」という
リンの言葉には、これ以上になく説得力がありますよね!

リンが足を怪我したメイを抱えて帰途につくのも良かったです。

「また生かされた」なんて不満そうなスカーも、
イシュヴァール政策でマイルズさんの手伝いをすることになります。

全てが丸くおさまった訳ではないけど、みんなが良い方向へ動いているような最終回です。

兄弟の後日談もたっぷりと語られ、
エドとアルの兄弟は互いに西と東に別れて世界を巡り、
錬金術によって苦しんでいる人達を助けるための知識を探すことに。

すっかりたくましくなったアルの旅に、
キメラのおじさん2人が同行するのも良かったな。
アルはまずはシン国に行くそうなので、
おそらくその後メイがパーティーに加わったのでは・・と楽しく妄想。

そしてそして、

西回りで世界へ旅立つエドですが、見送りに来たウィンリィに

プロポーズ!!

「等価交換だ。俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ!」

一瞬の間があって、ウィンリィがよろけます。
「等価交換の法則とかってバッカじゃないの?」

ウィンリィがさらりと答えます。
「ほんとバカね。半分どころか全部あげるわよ。」

照れる訳でもなく、あっさりと言うところが良いです(^_^)

呆気にとられるエドに、ウィンリィが「やっぱ全部はなし!」と赤くなりますが、
「9割・・いや8割?7・・じゃないな。8.5かも」と、
そっち?!Σ\( ̄ー ̄;)なことをアセアセしているのも可愛かった(#^.^#)

エドとアルが考えた「等価交換を否定する新しい法則」は、
「10の幸せをもらったら、自分の1を上乗せして11にして次の人へ渡す」こと。

ところが、兄弟が見つけた小さな結論なんか突き抜けて、
即、1どころか全部!とウィンリィは言い切ってしまうんですよね。

「お前やっぱすげーわ!」と爆笑するエドは、
たぶん、本気で惚れ直したと思う。

「等価交換の法則なんざカンタンにひっくり返しやがる。」ウィンリィですもの。

そして、ウィンリィを抱きしめる エドの背が・・!!

頭一つ分大きくなってます!!

アルに供給してた栄養分がやっと背に回ったんだね。

カラーページの特集で、色んなランキングが載っていたのですが、
その中で、「エドワードをチビ呼ばわりしたキャラ」で、
1位エンヴィー、2位ピナコに続き、
3位にエドワード(自分)((_ _|||)てなっていたのに笑った。

背が伸びて良かったね!

その後、たくさんの写真が提示されます。
ウィンリィとの間に2児をもうけたらしい満面の笑みのエドの後ろには、
大きくなったアルとメイの姿も!
とっても幸せそうな写真でした(*^_^*)

たくさんの写真の中には、
ハバック少尉がリハビリしてたり、アームストロング姉弟は相変わらずっぽかったり、
リンがいやに頼りなさげな皇帝姿で写っていたりと、
物語はまだまだ続いている感じ。

このページの言葉がラストに相応しく、重厚な言葉でした。

『傷みを伴わない教訓に意義はない

人は何かの犠牲なしに何も得る事などできなにのだから

しかし それを乗り越え 自分のものにした時

人は何にも代えがたい 鋼の心を手に入れるだろう』


物語を集約するような、深い言葉だと思います。
アニメではどのように語られるのか楽しみ。

そして、

本当に、最後の、ラストのページには、

世界に旅立つエドが汽車に乗り込む時に、
ウィンリィに向けて「じゃあな!」とでも言っている最高の笑顔で締めくくられていました。


良かった、良かった('-'*)

読後もすっきり爽やか!

満足・・だけれども・・
番外編とかはないんですかね・・?

単行本の26巻は8月12日、最終27巻は11月発売予定だそうです。
[ 2010/06/12 22:51 ] ハガレン | TB(0) | CM(2)
コニチハ(^O^)
《ハガレン》
アニメも最後までやるんでしょうね。
番外編があるとしたら大佐と中尉の件やってほしいなぁ…とか思ったりしてます。
ノダメみたいにあるといいんですけどね~(^O^)
《荒川》
アニメは何話で終わるんですかね?ラストサムライ、ビリー、ジャクリーン、巨匠出てきてないんですよね…。前の「はなまる幼稚園」では12話ぐらいで終わったので荒川UBもそのぐらいで終わりかな…とか。終わりにしても二期あってほしいです。

最近ノイタミナ枠結構面白いな~とか思ったりしてます(^O^)
[ 2010/06/13 00:22 ] [ 編集 ]
Re: コニチハ(^O^)
コンバンワ☆
> 《ハガレン》
アニメは7月4日最終回ですね!動いて音楽がついたら、さらに感動しそうです。
すごく楽しみ♪でも、終わっちゃうんですよね~・・。
私も大佐と中尉が気になります!結婚とかしてる雰囲気じゃありませんでしたけど・・。
その後のそれぞれの後日談も短編でやってくれませんかね~。
> 《荒川》
6月27日で最終回みたいです。1クールでしたね。
分割で2期があるという噂ですが。
漫画も佳境に入っているようですし、ぜひやって欲しいです!

>ノイタミナ
『さらい屋』は最近一気見しました。
なぜに予告が180度方向性が違うサザエさんパロ・・(-"-)
『四畳半神話』はセリフ量がハンパないな、と。
なんか、体調良くないと見れないのですが・・^^;
どちらもオサレな作りですよね。面白いです。
[ 2010/06/13 01:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。