私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

flowers8月号『町でうわさの天狗の子』

月刊 flowers (フラワーズ) 2010年 08月号 [雑誌]月刊 flowers (フラワーズ) 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/06/28)
不明

商品詳細を見る


瞬ちゃんの笑顔が~・・!Σ(~D~ノ)ノ

いけないことですが、立ち読みしちゃおうかと思ったのですが、
瞬ちゃん・・買っちゃったよ!!

あれ?瞬ちゃんの笑顔、初めて見た、気が・・。
あれ?このフレーズって・・阿部じゃね??(-"-;)

でも、なんとなく不穏な雰囲気が漂ってきたような・・。

秋姫ってなんかあるんですか?!


ネタばれ感想↓
秋姫は相変わらずミス茶渋中の万里小路(マデノコウジ)さんに憧れており、
何だか勝手に「マディ」とか呼んでいる模様^_^;
ミス茶渋中は随分キラビヤカな名前なんですわね。

マディは良い子のようで、普通に話かけてくれますが、
勝手に緊張している秋姫は普通に喋れない様子。

秋姫の中ではマディはシンデレラで白雪姫になってます。
どちらも継母にいじめられるお姫様なもので、緑ちゃんと金ちゃんがずれた反応してたり・・。
「えっ継母にいじめられてるの?」
「それあたいら聞いていい話?」

なんでさ・・(-"-)

そんな、可愛いクラスメートに憧れる普通の女子高生の秋姫ですが、

土曜日には天狗の修行で、
薪を拾ってお風呂の水を川から汲んで、薪を背負う様子は二ノ宮金次郎スタイルだったり、
崖にぶら下がって懸垂して、ファイトいっぱつだったりしているらしいです。

「そんな女子いないぜー」という金ちゃんに、
「モミジちゃんがいるもんっ。京都の子はみんなやってるって言ってたもん」と秋姫。

モミジちゃんにノせられてる・・。
「うそだよ・・」と緑ちゃんも気付いてます。

でも、この修行のおかげで秋姫の食べる量が少し減ったようです。

秋姫は「こうゆう変化ならいいんだけど。」と思っていますが、
でも、仙人とかも霞を食べると言うし、天狗って何食べるの??
天狗に近付いているってことじゃないよね・・。

そして、修行もワンランク上のものになります。

修行の前に、修行の一環なのか、ただ食材を集めているだけなのか、
お山で瞬ちゃんと秋姫がきのこを採っています。

食べれないきのこばかりを採ってくる秋姫に
「何で一回で覚えない」と無茶なことを言って怒る瞬ちゃん。

もくもくときのこを採る2人。
沈黙に飽きたように秋姫が「今年は修学旅行があるんだよ。」と話かけます。

今年は奈良方面に行ようです。
秋姫をあまり遠くに行かせたくないのか瞬ちゃんは何か思っている様子。
いつもの「・・・。」です。
無表情だから、本当に気持ちが見えない・・。もどかしい(>_<)

「奈良」という言葉に反応したのかな?

今回の最後でタケル君も「奈良に行く夢」を何度も見ているようなことを言ってるんですよね。
内容はよく覚えてないようなんですが、「呼ばれてるみたい。」と意味深な事を言ってたり。

瞬ちゃんも「修学旅行先はその年によってコロコロ変わったりするもんなのか」とか聞いてるし。

秋姫が天狗道に堕ちてしまう瞬ちゃんの夢に関係しているのかしら・・。

この辺りも伏線ありそうなんですが、

それよりもなによりも・・

「今年は瞬ちゃんが同じクラスだから」と先月号でやっと、
同じクラスになれたことが嬉しいことなんだと気付いた秋姫が、
「どこ行くのも大丈夫でしょ。
あたし 遠くに行くのはじめてだからすごく楽しみだよ。」
と素直に喜びます。

そしてそして、

瞬ちゃんが笑ったー!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

あ、あれ?
初めて見た・・?え?ほんと?

6巻まで出てるけど、こんなに自然に微笑んでるいるのは初めて?!

思わずflowersお買い上げですよ!
秋姫も驚いてましたが、こっちもびっくりだよ!

瞬ちゃんは秋姫に頼られるのが本当に嬉しいみたいですね(^_^)

他の方の『天狗の子』の感想も読んだりするのですが、
「瞬ちゃんの気持ちに秋姫、気付いて!」みたいな見方をされている方がいて、
なるほどな~と思いました。

私は、瞬ちゃんは秋姫が大切だけど、
恋愛感情を自覚していないんじゃないかな~と思っていたもので。
瞬ちゃん、無表情なんでどちらが正解かはわかりませんが。

色んな見方ができますね。そこが面白くもあり、もどかしくもあり・・。

さて、瞬ちゃんの悩殺スマイルの後には
モミジちゃん講師のワンランクステップアップした修行が始まります。

空を飛ぶ飛翔能力が天狗には必要不可欠の模様。
それを身につけるために物を動かす修行をするのだそうです。

まずはさっき収穫したばかりのきのこを動かす基礎訓練から始まります。
その後自分自身を動かして、一本杉の上に立つことが目標です。

きのこを動かすために精神集中する秋姫の後ろには、瞬ちゃんとモミジちゃんが控えており、
「ちょっと不毛な気持ち」になったりする秋姫。
全く動かせる気がしないようです^^;

そこへお山には康徳様に大事な話ををしに来た栄介君が、
モミジちゃんを見つけて「年下は好きかどうか聞かねばならん!」
大切な話をそっちのけでモミジちゃんを追って来ています。

「撒いたと思ったのに」と思っているモミジちゃんはやっぱり只者じゃありません。

「大切な話」っていうのも不穏な雰囲気ですよね~・・。
何なのでしょうかね?

モミジちゃんに「奇遇であるな。」などと全く奇遇でない栄介君が話かけますが、
瞬ちゃんがモミジちゃんをかばうように立ち上がります。

「次郎坊なんのマネだっ」と抗議する栄介君に瞬ちゃんはモミジちゃんを背に守りつつ、
モミジちゃんのお父さんである「僧正坊様から他山の天狗が接触せんよう仰せつかっとる」とのこと。

栄介君だけでなく、モミジちゃんを守るかのような瞬ちゃんに、

秋姫がえらくショックを受けてしまいます。

さっきまで一個のキノコも動かせる気すらしなかった秋姫が、
瞬ちゃんと集めたキノコを籠ごと全て浮かせてしまいます。

それどころか、瞬ちゃんとモミジちゃんが並んでいると疎外感を感じるのか
「私がどこかへ行けばいいのに。」と秋姫が思っています。
そう思った瞬間に、秋姫の身体は宙に舞い上がります。

気付いた瞬ちゃんが慌てて秋姫の手を取ろうとしますが、
互いの指をかするのみで、秋姫の身体は重力を無視して空へと飛んで行きます。

この時の瞬ちゃんの慌てた顔と、地上で両手を広げて呆然と見つめる様子が・・(。-_-。)

立ち尽くす瞬ちゃんはまだ飛べないのかな?
栄介君はまだ飛べないと言っていましたが。

こういう時に栄介君は冷静です。
「じい あの様子じゃ太郎坊は降りてこれんぞ。」と、じいに迎えに行くよう促します。
じいが迎えに行ってくれたから、モミジちゃんも飛べないようですよね。

そんでもって、栄介君が「おい」と立ち尽くす瞬ちゃんの背に話しかけます。

「お前ら 太郎坊がなんなのかうすうすわかってんだろ。
なんではっきりわからせて それなりの修行をさせない」
と・・。

太郎坊がなんなのか・・?へ?

え~~?!秋姫ってなんなの?!!

秋姫は無自覚に火を一瞬で消しちゃったり、火柱あげたり、
今だって急に飛んじゃったりするけど、なんか特別なの?!

今まで秋姫は天狗の娘である以外は普通の女の子だとばかり思っていたので、
すごい衝撃・・( ̄△ ̄;)

栄介君は自信家の俺様だけど、色々わかっているんですね~・・。
タケル君のことも何か思っていたみたいだし・・。

一方の秋姫は地平線が丸く見えるくらい高いところまで昇って行って、
パニクっていますが、地上を一望できるその風景に「すごい・・」と感じるのです。

そこへ福山さまが助けに来てくれます。

福山さまはこれが天狗の世界だと言います。

「その気になればこの空も景色も全部太郎坊殿のモノですぞ。」
「誰よりも強い天狗になることを望まれては。」


福山さまの言葉って、秋姫が望めばそうなれるってことなんでしょうかね?
何なの?!秋姫って何か秘密があるの?!(゚ロ゚;)

それに答える秋姫も、「そうゆうのもちょっといいかな、と思うんだけど。」と!
初めて天狗を肯定したような・・。

でも、秋姫は「あたしはダメだよ。自分のことそんなに好きじゃないし」と答えるのです。
「だからマディみたいになりたいんだと思うし」
「まだ手の届かない将来のことなんてうまく考えられないんだ。」


すごく正直な秋姫の気持ちだったんじゃないかと。

福山さまは森の賢者だけあって「ほほほ。左様でしたか」と穏やかです。
「誰にも言わないでね。」と言う秋姫にも
「招致致しました。」と、さすが じい!

そして人型になった福山さまは秋姫を瞬ちゃんの元へ帰してくれます。

地上に残った3人は秋姫がばらまいたキノコを拾っています。

瞬ちゃんはすっかり落ち込んだ様子で五郎坊に話しかけられても答えません。
そんな瞬ちゃんの横では、栄介君とモミジちゃんが
「修学旅行一緒に行ってやってもいいぞ」
「結構です」
「新婚旅行はどこがいい?女はヨーロッパが好きであろう」
「ドバイかモルディヴがいいです」
 とか、やってます。

福山さまは瞬ちゃんに秋姫を「落としなさるな。」と託します。
抱きとめた瞬ちゃんの腕の中で秋姫は静かに寝息をたてています。
思わぬ力を出したせいで疲れきってしまったのでしょうかね?

眠る秋姫の背中を片膝を立てて支える瞬ちゃんがツボだ・・(*´ェ`*)

秋姫を抱きながら瞬ちゃんはきっと何かを思っているみたいだけど、
やっぱり何かわかりませんが・・。

今月号は、瞬ちゃんの笑顔に胸キュン!だったのに、
秋姫に何か秘密があるようだし、なんだか修学旅行でドえらいことが起こりそうな雰囲気が・・。

瞬ちゃんが天狗になりたいことときっと関係しているんでしょうね。

まったくもって、

瞬ちゃんの気持ちもわからんし、
秋姫は相変わらず瞬ちゃんとモミジちゃんに情緒不安定だし、
修学旅行先の奈良には何かありそうだし、
秋姫が「なんなのか」ってのは、きっと秋姫が傷つくようなことのようで・・

うわ~ん!わからないことばっかりだ~!
そしてまたもや1ヶ月待たねば~~ヽ(TдT)ノアーウ…

flowersの来月の複製原画は波津彬子先生です。
波津先生のは買っちゃおうかな~。

岩本ナオさんのもやってくれますよね?
小学館漫画賞ですもんね?!

それにしても1ヶ月待つの長~い(TmT)ウゥゥ・・・
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。