私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花とゆめ 13号

今回はコチラの感想↓
112_20090628164051.jpg

付録は『年の差LOVEストーリーズ』

今号はとっても良かったです!
付録には4本の年の差ストーリーが収録されてますが、
どれも結構面白かったです。

今回私的に面白かったBEST3
 1.『カフェ・コルベイユの恋』 幸村アルト
  2.『神様はじめました』 鈴木ジュリエッタ
3.『いっしょにねようよ!』  高尾 滋



さて、感想はコチラから↓


今号では、ふじもとゆうきさんの『ただいまのうた』が休載となっていました。
家庭の事情で少しの間、お休みになるそうです。
キラメキ☆銀河町商店街』が好きだったので、楽しみにしていたのですが・・
早く復帰して欲しいです。

カフェ・コルベイユの恋
ふじもとさんの休載で載った作品だと思うのですが、今号で一番好きでした!

カフェピアニストを目指す少女・エマは、名門カフェ・コルベイユのピアニストになることを夢見ています。
エマはいつも行く楽譜屋さんでコルベイユのギャルソン・リュカと出会います。
リュカは楽譜屋さんの息子で入院したお父さんの変わりに店番していたのです。

かんたんに描かれたエマが可愛いです!
リュカはギャルソンの時にはきちんとしていますが、店番の時には頭もボサボサ。
二人の穏やかな時間が音楽が感じられるように心地よいのがわかります。

花ゆめっぽくはないかもしれませんが、よくまとまった穏やかな作品です。

神様はじめました
瑞希も加わってにぎやかになってきたミカゲ社。
廃神社としてご町内ではお化けが出る心霊スポットとして有名になりつつあり・・
ナナミちゃんは巴衛がいつも一生懸命掃除している神社に人を呼ぼうとお祭りを企画します。

もう、巴衛が無自覚にナナミちゃんを意識しているのがもうっ・・!
そして回が進むほど、ナナミちゃんが可愛くなっていく・・。

でも、ミカゲが帰ってきたらナナミちゃんはどうなるのかしら。
巴衛の過去も気になります。

いっしょにねようよ!
家に強盗がふつうに入ってくるというデンジャラスなお話でした。
人質にされた一子ちゃんが冷静に振舞おうとするのがけなげ・・。

お掃除・お料理大好きで、もうすぐにでもお嫁に来なさい!な良い子です。

古白がお金で犯人のほっぺたを叩いて(!)救出しますが、
その後一人震えて泣く一子に向って言う言葉が印象的です。

「一子ちゃん、すがって」

すがって、ですよ!
高尾さんの作品はとにかくセリフがいいです!

ゴールデンディズ』でも心に染みる言葉がたくさんありました。
悲惨な状況でも優しいのです。キャラクターたちが。
これからの展開も楽しみです。

ラブシック
作者自ら、良い人が一人も出てこない漫画とのたまう作品です。

ハルのまつげが美しいです。
主人公・色は大好きなお父さんの復讐のためなら人の心も利用する腹黒ヒロイン。
究極のファザコンのため、父と同じ無償の愛情を示してくれるハルにぐらつきかけています。

つい乙女顔になって「はい」と素直に返事しちゃう色がようやく可愛く思えてきました。

モリエサトシさんはテンポよく話がすすみながら、その誰もが心の闇のようなものを抱えています。
その影がモリエサトシさんの作品の色気のように思えます。

スキップ・ビート
季節はずれのヴァレンタインネタ・・。
仕方ないよね。隔週連載だもの!

レイノにチョコを渡すのにはそんな訳が・・!
っていうか、怨キョに人格があったんですね・・

尚は、キョーコを自分の所有物と思っているけれど、
連載1回目の、あのキョーコの絶望は本当に可哀想でした。
ショータローに自分が何をしたのか思い知らせて欲しいです。

しかし蓮にチョコを渡さないなんて。
すっごい大騒動が起きそうです!

個人的にモ―子さんと飛鷹くんが気になります。

サイボーイ
今回で最終回でした。
ゆうさが出てきてこれから楽しくなりそうだったのに、残念。
清ちゃんはどうしてあんなにいじめられてたんだろう・・あんなに性格良いのに。
アランさんとも恋愛まで発展しませんでしたね。
短期連載でしたが、楽しかったです。

学園アリス
両親のベットシーンを娘(小学生)が見るのって、気まずくないですか・・?
私が汚れているの??
なんだか、話の真相に向って盛り上がっているはずなのに、間延びしているような印象があります。
大の大人たちがどいつもこいつも何で、学園をどうにもできないのでしょうね・・。

幸福喫茶3丁目
もう、ホント嫌な話でした。
ニートの男が、潤を逆恨みして階段から落とすという凶行!

潤のお父さんは潤をかばって亡くなっていたのですが、
あまりにショックが大きくて潤はその記憶をなくしていたのです。

なのに、このニート男。
潤のお父さん、光司さんに救われたとかいうくせに、光司さんが溺愛した娘に、
自分が絶望を感じた年に同じ絶望を味あわせてやる!という歪みっぷり!
家族の悲しみの方が深いだろうよ!

そして潤母!
無理に笑う娘を直視できずに放置ですよ!!
いつもの女王様っぷりはなんだよ!ニート男を殴るぐらいしろよ!
「誰も悪くないの」って悪いよ!
殺人未遂だぜ?!

もう憤慨ですよ!!
潤が何一つ責任を感じる必要がないところで傷付けられて、潤を守った光司さんまで傷つけているのに!

自分の家族のことをギャースカ言うくせに親の脛かじりでマンションまで引っ越しやがって。
親のせいにするのはせいぜい18歳までだよ。

警察沙汰にするに決まってんじゃん!アホか!

もう、本当に嫌な話でした。

オーバートーク
ビックチャレンジ賞受賞作品です。
家族にもうっとうしがられる話の長い主人公が、補修で一緒になった大人しい女の子の恋の応援をして・・という話。
誰も話を聞いてくれない中、この女の子だけが真剣に話を聞いてくれるのです。

ふんわりとした雰囲気の百瀬さんが可愛いです。
仁科君も百瀬さんといるなら少し静かになるでしょう・・

面白かったです!

フィアンセは小学生
付録に載っていた1本目。
付録はどれも年の差カップルのお話です。

背伸びするヒロム君がいいです。
ぜひ続きが読みたい作品です。

それでも世界は美しい
今回で終わりみたいですね。
最後の1カットでいいから陛下の育った姿が見たかった。

世界王だとか、雨の国の公主だとか、世界観が好きでした。

次号は『俺様てぃーちゃー』が楽しみです。 花とゆめ
[ 2009/06/28 19:33 ] 花とゆめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。