私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LaLa9月号

LaLa (ララ) 2010年 09月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2010年 09月号 [雑誌]
(2010/07/24)
不明

商品詳細を見る


付録はメイド様のDVDです。

420円DVDとか付いちゃうんですね~。
私がはるか昔にリボンを買っていた時には
組み立てるとハンカチ入れやアクセサリー入れになる箱とかだったんですがね・・。

まだ観てないけど46分もあって各キャラ紹介PVとか声優座談会とか入っているようです。
ちょっと豪華ですね~。

来月は『ニャンコ先生ぬいぐるみチャーム』が付録のようなので・・

最低二冊は買わねばなるまい・・!

さて、今月号はなんだかちょっと地味でしたかね…。

私的に面白かったBEST3
1.夏目友人帳     緑川ゆき
2.桜蘭高校ホスト部 葉鳥ビスコ
3.狼陛下の花嫁  可歌まと


ネタばれ感想↓
夏目友人帳
『夏目』は本当に毎回はずれがないです。

今回も泣きそうになるシーンがあります。

親戚から両親の家を売ると言われ、
複雑な心境のくせに何事もなかったように本心を隠す夏目。

夏目はツラい境遇からずっと両親を思い出さないようにしていたようです(;_;)
今の優しい環境になってようやく両親の写真を見ることができるよになったようで・・。
お母さんの記憶はなくても、お父さんとの優しい記憶は辛すぎて痛いほどなんですね・・。
忘れよう忘れようとして、その思い出を本当に忘れてしまったと笑う夏目が・・(ノ_-。)

そんでもって、気を遣うばかりの夏目ですから、
売られる前に両親の家を見に行きたいとも言えないのです。

そのことで、塔子さんが余計に気遣うことになっているとは
夏目は思い至らないんですよね。
夏目は他の人に対して自分が我慢すれば・・という思いが常にあるけど、
それって夏目を心配する周りの人たちにしたら、ちょっと失礼なことなのでは、と思えます。
優しさが空回りしているというか・・。
夏目は自分の存在に罪悪感のようなものがあって、結局人間不信なのかな~と。
そのうち田沼あたりにガツンと言ってもらいたいと思いますが。

今回も田沼はよく気がつく男!
塔子さんと夏目の話をニャンコ先生と盗み聞きしているのはちょっと笑ってしまった。
何気にニャンコ先生と仲良しです。

あと写真を落として捜索範囲の広さにうなだれる夏目の横で
「バカ!バカ!」とプンスカしているニャンコ先生が可愛過ぎる・・(*´ェ`*)

両親の写真を落としたことを隠してしまう夏目に
「つかなくていい嘘はつくな」
やっぱり田沼がガツンと言ってくれたよ・・!

田沼は夏目の表情が読み取れるようになっているようです。
ニャンコ先生は夏目のことに関しては遠くから見守っているような感じなんですよね。
最低限のことしか助けないというか・・。
そのニャンコ先生と夏目の微妙な間を田沼が取り持ってくれて良い感じだな~と思います。

みつかった写真に対する夏目の独白には涙が・・(´_`。)

「優しく笑う両親の この二人の間で
自分も笑う日が来るはずだったのかと思うと」


ランドセルを背負った夏目が泣いています。
どんなに想っても手が届かないものだから痛くて痛くて忘れてしまいたかったんだね・・。

そしてやっと夏目が塔子さんと滋さんに
両親の家に行ってもよいか聞くことができるのです。

もちろん「いってらっしゃい 貴志君」と優しい答えをもらえるのに、
夏目にはこんなことがものすごく勇気がいることなんですね(TmT)

次回は実家に帰る回となり、涙必須となりそうですが、
ニャンコ先生の外にも田沼やタキを伴って欲しいような気がします。

そんな切なさいっぱいの夏目の思い出の話にあって、
いつもの妖たちやら西村たちやらがいると安心します(*^_^*)

桜蘭高校ホスト部
本当にくっついちゃいましたよ。
ハルヒの直球告白に、殿は思いっきりうろたえながら「ひかる、ひかるぅ~!」とパニくってみたり^^;
あまりの動揺ぶりにスタスタ戻ろうとするハルヒの後ろ姿に
「俺も好きです!!」と殿も直球返球!

その後のドタバタしたやり取りもすごく面白かった(^O^)

告白したくせに殿をけなしまくるハルヒに殿がチューしたり・・!

お父さんを自認していたくせに、すごい手が早いんですけど!
こういうところはフランス人なの?!
それに対するハルヒが思いっきり少女漫画顔で可愛かったです♪

そうして彼氏彼女になったはずの2人ですが、特に変わったこともない様子・・

とか思いきや、殿は最高のデートプランを練って大騒ぎしているし、
「告白=任務完了タイプ」と思われた無感情なハルヒも、
内心では実は浮かれていたというところはとっても良かった!

殿の家ではおばあさまと第二邸スタッフがおのおのの楽器を手に
時代劇サウンドを奏でたという、殿曰く夢のようなセッションの話も良かった!
おばあさまがトライアングルをチリ~ンとやっていて、
ようやく家族の間のわだかまりがなくなりました。

ずっと暗い展開だっただけに、ようやくバカバカしい元のホスト部に戻った感じ(^_^)

ハルヒは結構デレるんですね。
そんでもって殿は好きだと自覚したら全く照れないんですね(#^.^#)

クライマックスに向けてデート編もやってくれるんですね~♪
次回も楽しみ~。

狼陛下の花嫁
今回はあんまり進展がありませんでした~・・(>_<)
夕鈴が友達の所へ行くので、別行動した陛下はなぜかキガクさんと一緒にいたりして。

狼陛下に一回だけ変身(?)した陛下が
「別行動はやはりダメだな」とか言っていますが、

ほんとだよ~・・っ!

キガクさんは、どう見たって夕鈴のことが好きで、
周りの誰もが知っているのに本人だけが認めてない感じなんですね^^;

そんなキガクさんの愛ある悪口にほめているつもりで共感する陛下。
「すげー変な顔して怒ってくる」
「うん!あれすごくかわいいよねっ」


そんな言い合いを弟に呼ばれた夕鈴が聞いて、
自分がよってたかってけなされているのにショックを受けてるのが・・(;^_^A

夕鈴に怒られて退散するキガクさんですが、
陛下の余裕ある佇まいにただならぬものを感じた様子。
夕鈴のバイトについて探りをいれるようです。

そういう所が、夕鈴が気になって仕方がないんじゃ・・。

顔を合わせれば喧嘩している夕鈴とキガクさんに
「仲の良い幼馴染みかぁ・・」と思っている陛下。
喧嘩するほど仲が良いってことなんでしょうね。
おそらく夕鈴もキガクさんも全力で否定すると思うけど^^;

そんでもって、牽制のために違いないのですが、
「私は君が足りない。
私ももっと君を知って ・・もっと語り合いたいものだ。」
と狼陛下に変身!

最近、こういう猛アピールが夕鈴の中ではマイナスに働いているような~・・。

「人をからかって遊んでいるだけ!
絶対真になんか受けるもんか・・!!」
と決意しちゃってますもん^^;

そのうちきっと、夕鈴に本気にされていないことを陛下が知る時がくると思いますが、
そういう時でも陛下の方が傷ついちゃって夕鈴が罪悪感とか感じちゃうんでしょうね・・。

陛下には、夕鈴の立場を気にしないで口説きまくっている無責任さを
思い知って欲しいな~とか思うのですが(-"-)

幼馴染のキガクさんもいいですが、夕鈴が憧れている年上の男性とかがいたら
陛下がもっと焦ってよかったのにな~とか妄想。

それにしても夕鈴の弟の影の薄さってどうですか・・??
病弱な弟LOVEとかでも良かったな~とか、またも妄想。

純愛ラビリンス
なかじさんの作品の良いところはイヤな思いをしないところだと思います。
みんな元気いっぱいで、大騒ぎで毎日が過ぎていきます。

樺島君が骨折したため、ありえない展開でハルちゃんの付き人になったウミ。
ハルちゃんとレイラのドラマ撮影に同行して、2人のカッコ良さを堪能したりね。
今回はウミがとっても可愛かった(^_^)
ハルちゃんが妹に惚れているのも、こういうところか!と、よくわかったかも。

ハルちゃんの恋敵はレイラのはずなんだけど、
レイラもいまいち存在感が薄い気がするんですが~・・。
良い奴なので好きなんですけどね。

未少年プロデュース
またも巴先輩の罠にはまってしまうカーコとか・・。
「これぐらいの子なら他にもいる」なんて言っていたくせに。
巴先輩が何を考えているのかわからなくて怖い・・。

コーセーはやっとカーコが自分のものになったと思って
上機嫌でカーコの髪とかいじっていた訳ですが、
巴先輩の策略でカーコがモデルデビューしちゃったことに大激怒しそうな次回です。

カーコはコーセーをみんなに認めて欲しくて、
コーセーはカーコをみんなから隠したくて仕方なくて、
何だかカーコの自信を全て奪っているコーセーは身勝手なような気もします。
巴先輩はそういうところまで見透かしているのかな~とかとも思うけど、どうだろう?

この作品はルイ君とか、他の芸能科の人たちとか、
登場人物を出したはいいけど生かしきれていない気がします。

キスよりも早く
翔馬君が本気で文乃さんにちょっかい出し始めました!
最近ちょこっと理性がきかなくなっている先生は、
嫉妬をおさえきれずに敬語キャラが崩壊してます・・!

文乃さんを泣かせてしまった先生の焦っている顔が・・(*゚ー゚*)

それにしたってダントンさんが一番大人です。
翔馬君の恋を見届けようというんだから・・。
失恋前提の翔馬君をなでなでしてあげたりしちゃいます。
翔馬君!こんな良い女の子はいないよ~!!

金色のコルダt
うわ~い!まったく進展なかったぞ~・・(-。-;)
カホコのコンクール前の心情だけだったような・・。
月森君は来るって言った!と信じるまで、みたいな。

月森君の恋敵は土浦のはずなのですが、
柚木先輩の方が存在感があるのはどうしてだろう??
今回も元気のないカホコの髪をプロ並みの腕前でセットしちゃうし。
でも、私はこの人が「俺」とか「お前」とか言い始めた時には本気で怖かったですよ(-_-;)

ヴァンパイア騎士
優姫は依然として枢様の過去の記憶の中です。
枢様の過去に出てくる重要人物は女性でした!
そんでもって、その女性がハンターの始祖のようです。
ちょっとシリアスですわね・・(ーー゛)

そんな中、藍堂先輩・・忘れられとる・・。
零の気に障って捕えられちゃったり(゚ー゚;A
なんか、藍堂先輩が一番苦労症にみえてきたよ・・。

キミに×○×○
なんかちょっと懐かしい感じがするんですよね~。
ASUKAとかにありそうな雰囲気がするというか・・。
匡宗が主導権を握り始めたのは良かったけど。


会長はメイド様
スーパーSPに見張られて、会長をお兄さんから隠そうとする碓井なんですが・・。
お兄さんは病気なんですかね?
そんで碓井が家を継ぐことになったりとか?

碓井サイドの人間がみんな身勝手でイライラする~。
最近、碓井が会長に振り回されているところは良いかな~と思い始めたのに。
今回も大事なことほど隠そうとする碓井に
「今すぐ全部正直に話せ!」と高圧的な態度の会長。
「相変わらず俺に対して妙に理不尽だよね・・」と暗くなっている碓井は好きだった。

忍者のインパクトは『俺様ティーチャー』のめちゃくちゃさに軍配が上がるかな~と・・。

百年恋慕
私はどうもエヴァが100歳越えの年齢っていうのが気になるんですよね~・・。
ルイスが王様になっちゃっているのもどうかと思っちゃうし。
おまけにルイスを育てたのってエヴァだったり。

これって逆光源氏?
そういうスタンスで読めばいいのかしら~・・。

3男のレイ兄さんがツンデレメガネで、ブラコンなのは良かったけども。
次男がどんな人なのかも楽しみだし。
だけれど、エヴァの年齢がやっぱり気になっちゃう・・っ(>_<)

100歳越えてるくせにルイスの方が何枚も上手というか、
落ち着きなさ過ぎるというか・・。
姿が若ければ100歳過ぎても乙女でいられるのかもしれませんが。
うぅ~む(-"-)
[ 2010/07/26 23:10 ] LaLa | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。