私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LaLa 2011年4月号

LaLa (ララ) 2011年 04月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2011年 04月号 [雑誌]
(2011/02/24)
不明

商品詳細を見る

さて、興奮さめやらぬままの今月号でございますが・・

付録は黒ニャンコパスケース! ニャンダフル☆
010_20110225002253.jpg 011_20110225002253.jpg

今回のお箱はモノトーン。
012_20110225002252.jpg 013_20110225002252.jpg

全サは待ちに待った目覚まし時計
015_20110225002252.jpg
1580也。買う!

そんでもって、もう、このお知らせが・・っっ!!
014_20110225002251.jpg
来月号に『夏目』第三期の詳細が載るそうです。
もう、もうっ、うれしすぎるっ!m(;∇;)m


今号の私的に面白かったBEST3
1.狼陛下の花嫁  可歌まと
2.夏目友人帳   緑川ゆき
3.おいらんガール 響ワタル


ネタばれ感想↓
狼陛下の花嫁
今回、すっごい面白かった~!

夕鈴が家出しちゃいました! と、いうのも・・。
近年中止されていた春の宴を復活させようという話が上がり、
総指揮を執りたい2人の大臣が対立する王宮に、狼陛下がピリピリしています。
2人の大臣とは、紅珠ちゃんパパの氾大臣と方淵君パパの柳大臣です。

夕鈴は少しでも陛下の力になりたいと、
時々お茶会をしているらしい紅珠ちゃんにちょっとだけ宴の話を聞いただけなのに、
2人の大臣が直接お妃に説明しに来る事態に。
傍から見ていると、別に夕鈴は悪いようには思えないのですが、
「貴方はただのバイトでしょう。
言われた通りの仕事をこなす以外何も望まれていませんよ」
と、
久々に李順さんに本気で怒られてしまいます。

そんなところへ、陛下も間が悪いことに^^;
「狼陛下」を怖がる夕鈴をいつにも増して気にしているようで、
更に間が悪いことには、浩大君が夕鈴のことでは本気でへこむ陛下を面白がるものだから、
お酒の力も手伝ったようで・・。

夕鈴を試すかのように「狼」のままで会いに行っちゃいます。
演技が解けない陛下に緊張する夕鈴は、思わず2人の大臣のことを話しますが、
「君が関わる必要のない問題だ」なんて言っちゃって・・!
なら、夕鈴の耳にいれないようにしてくれればいいのに(-ε-)

線引きされることに傷ついている夕鈴は、李順さんの言葉を思い出します。
「何も知らず何も考えず ただ後宮にいればいい・・ですか?」
それに陛下ってば、「ああそうだ」なんて答えちゃって・・!

夕鈴が涙をためて「そうしたら私 あなたのこと何もわかんないままじゃないですか」と、
可愛らしいことを言うのに、陛下は陛下で、相当夕鈴に怖がられることにイラ立っているのか、

「覚悟もないのに ケンカを売るな」 な~んて、夕鈴の鼻を咬みました~!

自分で怖がらせておいて、演技だと思わせておいて、なんて勝手な男なの~?!(`Д´) /
と、陛下が本気で嫌いになりそうでしたが・・
夕鈴は予想のななめ上をいく・・。

「うわああああああん!!!」と、大パニックの大泣きで陛下の酔いを一瞬で醒まします(゚ー゚;A
ここからの陛下はずっと青ざめています。
逃げる夕鈴に「あ ちょつ」と声にならない声を上げ、
クッションを投げられて「ごっごめん!」「今のはダメだった ゴメン!」とクッションを受け止め、
あまりの騒ぎに入って来そうになる女官を「なんでもない お前たちは下がれ」と焦り、
その間、「出てって下さい バカー!」だとか「この酔っぱらい!!あっち行ってー!!」だとか、
極めつけに「嫌い!狼陛下なんか大っキライ!」と泣き叫ぶ夕鈴に完全に立ち尽くす陛下とか・・ww

そして夕鈴は泣きながら、この微妙な時期に、あえて、
紅珠ちゃんの私邸へ家出してしまったのでした。

陛下もまずいと思いつつ、許可しないともっとまずいと思ったのか(^^;許可しちゃったようで。
「ほんと 彼女はいつも 予想外だ」なんてたそがれてます。。

陛下の性格から言ったら、こんな事態になったらバイトなんて切っちゃいそうだけど、
夕鈴だけは手放したくないんだよね??
夕鈴がどうやって家出から戻るのか楽しみ~♪
陛下が迎えに行くのかしら?
紅珠ちゃんとのホワホワコンビも好きなので、来月号が早く読みたい!

陛下がオロオロするのが好きだ~(*^_^*)

それから、ちょっと妄想なのですが、
対立する2人の大臣のお子ちゃまたちって、正反対な性格だけど、フラグとか立ちませんかね?
方淵君が一番苦手なタイプの女子と、紅珠ちゃんの周りにはいないだろう不愉快な男子で、
なんとなく恋愛になりそうな感じしませんかね?


夏目友人帳
第三期嬉しいっヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪

瓶に閉じ込められた夏目を取り返そうと、田沼が妖が宴に集う館に乗り込む今回。
妖の世に入り込んだ田沼には、いつも夏目が見ているだろう世界がはっきり見えるように!
いつも冷静な田沼が、次々に起こるとんでもない出来事に動揺しています。

ニャンコ先生ったら、田沼を1人にしちゃったりと、
相変わらず用心棒としてはツメが甘い感じです^^;
「夏目ならこれぐらい軽くこなすぞ」なんて、たきつけちゃったりもして。

今回、メチャクチャかっこ良かったのは、なんと言っても名取さんです!
夏目を瓶から解き放ったのはいいけど、
妖に襲われそうになってる田沼を夏目が身を呈してかばおうとし・・
夏目に振り下ろされそうな妖の手をパシッと掴んで、「世話が焼けるね」って(゚ー゚*)
紙袋のような面で顔を隠した、田沼が館に入ろうとするのを諌めてくれた妖がいたのですが、
その正体は名取さん~~!カッコいい!
この人、人気急上昇中の俳優さんなのよね。裏稼業が祓い屋って・・っ(∇ ̄〃)

夏目との会話も好き。
「おやご機嫌ななめだね」「なにやってんです、こんな所で」
「言いたくないな。またケンカになるからね」

この2人って、ちょっと兄弟みたいだな~と思うのです。

そんでもって、田沼と名取さんがご対面~♪
オミバシラ編はまだ続きます。

あぁ、三期!嬉しいな~ヾ(〃^∇^)ノ

おいらんガール
私は、女装男子に惹かれないので、この作品はそれほど好みでないのですが、
椿ちゃんがイイ女の片鱗を見せて、みんなの目をくぎ付けにしているのは好きです。
花魁言葉も、花魁の衣装もステキよね~。
鷹尾花魁と勝負して、勝った人は花魁を好きにできちゃう勝負をするのですが、
涼しい顔で全ての勝負に圧勝する鷹尾は少し好きでした。
自分で育てておきながら、椿ちゃんがキレイになっていくのを複雑な表情で見る真も良かったです。


キスよりも早く
ようやく次回、先生の過去が明かされるようです。
毎回文乃さんが泣いているような気がするんですが~・・。

それから、翔馬くんがコワイ・・。まだ文乃さんを狙ってるんだもの~。
メグちゃんはどうしてそんなに寛容なの?!
翔馬くんたらメグちゃんを目の前に、文乃さんと2人きりででかけようとしてましたよ?!

先生は、今回クマを素手で殴り飛ばしていました^^;
敬語キャラが崩壊しつつあって良い傾向です。
先生の世話役とかいう、糸目の佐々さんも登場しました。
クワガタ論議に花がさいて鉄平くんと意気投合しているのは良かったです(^_^)

私は、先生の家の暗い話よりも、いずれ学校に関係がばれた時の方が気が重いです・・。


学園ベビーシッターズ
スキー教室にでかけた竜ちゃんたちと保育ルームのお子ちゃまたち。
だけれども、なぜか竜ちゃんに懐くお地蔵さまのお話に。
冬だけど、少し怪談チックだったり^^;
虎太ちゃんにそっくりなお地蔵様は、竜ちゃんに手袋を貰ってニッコリ笑っていました。
が! お地蔵さん・・。
竜ちゃんを遭難させる気ですか・・。
良い話なような・・そうでもないような・・。う~ん。
みんなが竜ちゃんが帰って来て号泣しているのは良かったです。
仲良しクラス!

純愛ラビリンス
ハルちゃんはママさんの親友の子供らしいです。
話はウミが生まれた時にさかのぼり、
ハルちゃんが家族の誰とも似てないことに不安を覚えている幼少期が描かれます。
ウミが子供ならではの明るさで、お兄ちゃん大好きなのが可愛いです。
ハルちゃんがウミを好きなのは、言い知れぬ不安に押しつぶされそうな自分を、
ただまっすぐに愛してくれているからみたいです。
こんな妹だったら可愛くて仕方ないよね~。

ウミは、ハルちゃんを本当のお兄ちゃんではないと知ってから、
ハルちゃんに会っていないので、どういう風に関係が変わっていくんでしょうかね?


金色のコルダ
本当に月森君て冷たくてどちらかといえばイヤなんですけども・・。
普通にいい人な土浦君や、怖いけど刺激的な柚木先輩や、
自分にメロメロな加地君やら火浦君やらがいるというのに、
なぜに月森君なんだ?! 日野ちゃん!

女の子に「君にはガッカリだ」とか、「今の演奏を聴く価値はない」だとか、キツイ!
月森君はちょっとどーかと思うのですが・・。

そして、来月号で最終回。。
えぇ?!こっから1回で?!

『コルダ』『遥か』みたく別バージョンの連載をするのかしら??


会長はメイド様
仕事場で「恋人になりました」と、会長が潔い報告をしていました。
学校では内緒らしいのですが。
碓氷は、ジャラルドさんの体が弱いので、
ウォーカー家の第二の後継者と見込まれているみたい。
だから、会長を巻き込みたくなかったらしいのですが、
今はようやく会長と一緒なら何でも乗り越えられる、と思えた、と。
執事様とかS・Aとか、男子の方が先に惚れていたのに、
後半になると女子の方が男子の家の事情に巻き込まれることって多いような。
でも、「恋人になりました!」って報告するのはちょっと微笑ましい(^_^)


百年恋慕
この話も何回目かですが、なんとなく好みではないんですよね~。残念。
ルイスがすでに王様なのがひっかかるんでしょうかね?
読み切りで始まったから仕方がないんだけども・・。

なんか、ギル兄さんが可哀想な気がしてしまうんですよね~。
ずっと王位継承者として育てられて、その椅子がなくなったらば、
他の役職は兄弟たちで埋められてるような感じがしますし。
今回、次男さんがルイスたちを支えると宣言しちゃってましたが、
この次男さんは外国からも信頼が厚いそうで、この人がつけば王位は盤石になっちゃうみたいです。
ギル兄さん、謝られてた・・。切ない・・。

エヴァも、100年も生きていて、どうしてそんなに浅はかなんだ・・
な~んて思ってしまったり。
逆源氏物語にも萌えないからでせうか??


ヴァンパイア騎士
理事長がイヤ・・。
あんなに溺愛してたのに、立場が変わるとそんなに冷たいの~?って感じ。
その後、「嫌われたよ~!」とちょっと昔の理事長に戻っていましたけども。
大体、優姫は純血種といえども、まだまだ吸血鬼になってから月日が浅いってことは、
育ての親である理事長が一番良く知っているはずじゃ?
あぁ、閉塞感・・(>_<)


図書館戦争
柴崎さんと手塚が良い感じです。
しかし、柴崎さんは歪んでますね~。
柴崎さんも堂上教官がちょっと好きだったみたいです。
手塚も昔のお兄さんに似ているから教官が好きなんだとか・・。

一方の、王子様が堂上教官と知った笠原さんは、
布団の中で過去の数々を思い返して身悶えしています。

モテモテですね、堂上教官・・。


鎖の国の白衣宰相
『遥か』って人気があるんですね~。
「5」だそうです。
今回は幕末が舞台とあって、竜馬さんやら高杉さんやら、新撰組の人やらが出て来ておりまして、
乙女心をがっちりつかんでますな~と思ってみたり。
相も変わらずキレイな画ですね~。
今回は導入部と言った感じ。DXで連載開始だそうです。
『遥か』もよくわからないんですよね・・(-_-;) 残念だ。

来月号はニャンコ先生の『ご当地ぶっくりシール』が付録です。
017_20110225002315.jpg
虎太ちゃんのキーカバーもニャンコのキーカバーだったらなぁ・・なんて(-_-;)

読み切りは、しーくんの登場で俄然面白くなった『八潮と三雲』と、
萩尾彬さんのお嬢様と異端児のお話だとか。 面白そう!

『夏目』のアニメ情報も、夕鈴の家出の後も楽しみだ~♪
[ 2011/02/25 00:29 ] LaLa | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。