私的世界・・

漫画やアニメの感想、日々の徒然を思いつくままに綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベツコミ 7月号



僕等がいた』が連載再開だそうです。
どうしてアニメ化すると原作って停滞するんでしょうかね・・

あと楽しみにしている『女王の花』が!

というわけで、
私的に面白かったBEST3
1.『女王の花』     和泉かねよし
2.『電撃デイジー』 最富キョウスケ
3.『僕等がいた』      小畑友紀


女王の花
骨太な歴史物です。
この方の作品は、辛辣な環境や言葉を投げつけられたりと、
読んでいて痛い時があるのですが、
主人公がそれらをはねつけて全てをぶっちぎっていく読後の爽快感が素晴らしいです。
今回も戦争がキレイごとではなく怖いことだと描かれつつ、
薄星は成長してりりしく、亜姫は次第にその美貌が周りの目を引きつつあります。

お互いしか頼るものがない二人が、15歳になっても
子犬のようにぴったりとくっついているのが良いです。
子供の頃よりも抱きつき過ぎてやしませんか?そこがいいんですけど!

青徹は厳し過ぎなんですけど・・。
お姫様に向って「役立たずめ」ってなくない?
ビンタはするし!
愛あればこその厳しさなのでしょうけども。

青逸はキレ者の弟とはまた別に食わせ者っぽくて好き。
亜姫を甘やかしてくれそうだし。

薄星は戦場でゼーゼー言いながら戦っている姿が印象的でした。
和泉かねよしさんは絵が本当にうまいです!カッコ良い!!
たくましく育っているし!
金髪青い目で差別される薄星にこそ亜姫が全てなんですよね。
アンドレ的立場が切ないです。

亜姫と薄星にはいつか別れる日が来るかもしれない、という悲劇的な雰囲気があるけれど、
二の姫物語』でもそうであったようにハッピーエンドを迎えて欲しいです。

戦争に勝利し、天下に名を知らしめた亜姫ですが、これから先も試練が待っていそうです。
また次回の登場が心から楽しみです。

                    


電撃デイジー
最富キョウスケさんの作品もどれも好きです。
中でもこの作品は毎回楽しいです。

だんだんと犯人に近付いていってますが、毎回危ない目に合いすぎだよ、テル。
本気で命がけだもの。

新井先生も心底悪人でなくて良かった、良かった。
お兄ちゃんは一体何を隠したんだ?

テルちゃんは良い子過ぎ!なぜいじめられっこだったのかしら?
デイジーはツンデレのままいて欲しいような、もっとラブラブして欲しいような。

僕等がいた
ようやく高橋と矢野が出会いました!
が、特に何かあるというわけではなく・・。

この作品は高校生のままいて欲しかった。
矢野は高校生の矢野が良いかと。

せめて大学生になってからの再会で良かったんじゃあ。
高校生の頃の恋愛を社会人になってからもそこまで想っているもんだろうか?
・・とか、思う時点で汚れた大人なのかしら?

ナナミは竹内君と結婚するの方が幸せだと思うんですけど。
山本さんはどうしてあんなに矢野が好きなんだろう。
二人が一緒にいる理由は気になるけど、
休んでいる期間などもあったからか、なんだか間延びした印象になってしまいました。
単行本で一気読みした方が感動しそうな気がします。
[ 2009/07/27 15:57 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

uwachan

Author:uwachan
ようこそ☆
主にアニメや映画の感想、行ったイベントの感想などを備忘録的に綴っております。
町でうわさの天狗の子、夏目友人帳、マクロス関連に関して記事多めです。2012年11月から『ゴティックメード』に熱狂中!

検索フォーム
FC2カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。